<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

自民党の石原幹事長には、4000万円迂回献金疑惑など疑惑は山ほどある

自民党の石原幹事長は、「小沢は議員辞職しろ!さもなくば、証人喚問に応じろ!」と吼えているが、
その石原には、4000万円迂回献金疑惑など疑惑は山ほどある。

汚職・脱税企業の役員続々…石原伸晃議員に献金した人々
自民党の石原幹事長の腐敗した素顔

■石原氏に献金続々 贈賄・脱税・指名停止企業役員… 政治資金収支報告
自民党総裁選に立候補している石原伸晃元政調会長の資金管理団体「石原伸晃の会」(東京)が、
贈賄側とされるゼネコンや、指名停止処分を受けた建設会社、脱税したシステム開発会社の役員ら3人から、
少なくとも計135万円の寄付を受けていたことが12日、総務省が公開した政治資金収支報告書で分かった。
政治資金収支報告書などによると、同会は平成16年から19年にかけ、
中堅ゼネコン「前田建設工業」(東京)の元名誉会長、前田又兵衛氏から、計20万円の寄付を受けていた。
同社は福島県発注のダム工事をめぐる汚職事件で前知事の佐藤栄佐久被告(69)らへの贈賄側とされる。
前田氏は18年11月、一連の不祥事を受けて引責辞任した。
また、18~19年には、秋田県内の建設会社の社長から、計100万円の寄付を受けた。
同社は16~18年、資産を水増しした財務諸表を国の登録機関に提出し、
公共工事の入札資格審査申請をした建設業法違反で、国交省東北地方整備局から今年1月、5カ月の指名停止処分を受けていた。
17~19年には、東京都内のシステム開発会社役員の男性から、計15万円の献金を受けていた。
男性は18年3月、同社が法人税約7000万円を脱税したとして、懲役10月(執行猶予3年)の有罪判決を東京地裁で受け、確定している。
産経新聞は12日、石原氏の事務所に取材を申し込んだが、回答が得られなかった。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080913/stt0809130130000-n1.htm

【疑惑の献金】自民党の安倍議員、塩崎議員、石原議員、根本議員
★日歯連側が自民4氏に資金提供 同時期に陳情橋渡し依頼
http://www.asahi.com/national/update/0219/003.html
(前略)日本歯科医師会は政治団体の日歯連を通じて自民党を中心に3年間(00~02年)で総額22億円にのぼる巨額の献金をバラまいていた。
東京地検特捜部は吉田幸弘・前自民党代議士へのヤミ献金事件を突破口に、
そのカネがどんな目的で配られたかという政界工作の全容解明を進めている。
その矢先に、日歯連から安倍氏や石原伸晃・国土交通相ら自民党の≪将来の総理・総裁候補≫とみられている若手議員たちへの献金問題が浮上した。
安倍、石原両氏と塩崎恭久・政調副会長、根本匠・元厚生政務次官の4人はそれぞれの頭文字をとって『NAIS』という政策グループを結成している。(中略)
日歯連とその関連団体から4人への献金額(00~02年)は、判明しているだけでも、
■根本氏 724万円
■塩崎氏 524万円
■石原氏 380万円
■安倍氏 100万円
 ――にのぼっている。
安倍氏にはその前年の99年にも日歯連から100万円の献金があった。
日歯はNAISに協力を求めた。
00年8月、日歯幹部が議員会館で安倍氏ら4人と会談し、法改正を働きかけたことがわかっている。
それから1年後、日歯は悲願を達成した。(中略)
日本大学法学部の板倉宏教授(刑法)が指摘する。
「複数の政治家が日歯連幹部から法改正の請託を受け、
それらの政治家が職務権限のある厚労省の役人に働きかけをして実現させると同時に、
政治家には日歯連からの献金が増えた。
そういう経緯があれば斡旋収賄にあたる可能性も出てくる。…」
これを収賄疑惑といわずに何というのか。(後略)
http://www.weeklypost.com/jp/040319jp/edit/edit_2.html

■自民・石原伸晃衆院議員(自民改革本部長)/事務所費二重計上の疑惑/2000万円はどこに消えた!?
石原議員に事務所費の“二重計上”疑惑が浮上しました。
石原議員の政治団体はおもに二つ。資金管理団体「石原伸晃の会」と、石原氏が代表の「自由民主党東京都第八選挙区支部」です。
03年から05年の政治資金収支報告書などによれば、2団体は東京・杉並区のビルの1階に同居しています。
選挙のない04年でみると、党支部と「石原伸晃の会」の両方で事務所費を計上し、合計約2647万円。
しかし、両団体が使用している1階フロア(約77平方㍍)の家賃は、「第八選挙区支部」が払っていました。
同支部が政党助成金の使途について報告した「政党交付金使途等報告書」には、家賃支出として年間約377万円の記載が。
これは年間360万―420万円(不動産業者)という家賃相場と一致します。
ほかに駐車場代や電話料金も加えた約637万円が事務所費として報告されています。
つまり「石原伸晃の会」は党支部がすでに家賃などを負担した事務所に、さらに約1506万円もの事務所費を計上しているのです。
家賃ゼロの議員会館に事務所をおき、巨額事務所費を計上したのと同じ構図です。
2団体の事務所費で内訳が判明しているのは約24%で、約2千万円が不明です。
政党支部には国民の税金である政党助成金が流れており、政治資金の透明化がいっそう求められます。
編集部は石原事務所に、事務所費について問い合わせをしましたが、「回答は差し控える」という答えしか返ってきませんでした。
http://www.jcp.or.jp/akahata/html/menu20/index_0.jpg

★石原政調会長の自民党支部、会場料10倍に記載
自民党の石原政調会長が代表を務める「自民党東京都第8選挙区支部」が2003年分の政治資金収支報告書に、
講演会場の使用料を誤って10倍の金額で記載していたことが分かった。
添付した領収書の金額は6万8000円だったのに報告書には68万円と記載しており、
読売新聞の指摘を受けて31日、東京都選挙管理委員会に収支報告書の訂正を届け出た。
差額は翌年への繰越金の額に上乗せして訂正しており、06年までの4年間、
毎年、繰越金の額を間違って記入するという、ずさんな処理が浮き彫りになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000201-yom-soci

★自民総裁選候補「政治とカネ」(4)
★高級料亭ざんまい・疑惑の献金…
福田首相が政権を投げ出して、実施される自民党総裁選。立候補者の「カネ」の問題をみてみると―。
■石原元政調会長 <4000万円迂回献金醜聞>
 国土交通相時代、迂回(うかい)献金疑惑が国会で取り上げられたのは、石原伸晃元政調会長です。
〇〇年七月から〇二年五月までの間に、「日本歯科医師連盟」(日歯連)から
自民党の政治資金団体「国民政治協会」に一千万円ずつ四回、計四千万円が流れ、
その直後に自民党本部を経由して、石原氏が支部長の「自民党東京都第八選挙区支部」に渡っていたというもの。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-09-11/2008091115_02_0.html

■石原銀行 自民党・石原伸晃議員の元秘書が口利き
問題となっている石原銀行の口利き融資に、石原都知事の長男、
石原伸晃・元自民党政調会長の元私設秘書(31)がかかわっていたことが分かった。
その上、この元私設秘書は、決算書類が改ざんされていることを知りながら、
自民党都議に融資の口利きを依頼していた。18日の読売新聞が報じた。
都内の不動産管理会社が、2006年春ごろ、仲介ビジネスを行っていたブローカーを通じ、
新銀行東京から500万円の融資を受けた。
その際、元秘書は、知人の紹介で知り合ったというブローカーから、
都内のレストランで2回の接待(2万円)を受け、新銀行への融資の口利きを依頼された。
ブローカーからは、決算書類は「改ざんしているから大丈夫」と伝えられたという。
元秘書は、この不動産管理会社を含む3社について、ブローカーの仲介を引き受け、都議を通じ新銀行への口利きを依頼した。
http://news.livedoor.com/article/detail/3866909/

石原伸晃がハマる「豪華ヨット」と「信仰宗教」
石原伸晃、自民党、山口市「新生佛教教団」、秋本日釈/ 週刊現代(2008/09/27)/頁:155

陰謀と裏切りの総裁選/「親子で森喜朗をヨイショ」石原伸晃と親バカ慎太郎
自民党総裁選、石原伸晃元政調会長、東京都知事・石原慎太郎/ 週刊新潮(2008/09/18)/頁:27


まさに、自民党の石原幹事長は疑惑のデパート
[PR]
by gumintou | 2011-09-30 08:14 | 政治・経済

朝日新聞 「愚劣と劣化」を象徴する社説

朝日新聞が 「愚劣と劣化」を象徴する社説をゴミとしてたれ流した。


記録として転載しておこう。


 


---------------------


朝日新聞 2011年9月27日(火) 社説


3秘書有罪―小沢氏の責任は明白だ


 「公共工事をめぐる企業との癒着を背景に、政治活動の批判と監視のよりどころである政治資金収支報告書にウソを書き、不信感を増大させた」


 小沢一郎氏の政治資金団体に関する裁判で、東京地裁はそう指摘し、元秘書3人に有罪を言い渡した。中堅ゼネコンから裏金が提供された事実も認定した。政界の実力者の金権体質を糾弾した判決といえる。


 秘書らは「有罪としても軽微な事案」と訴えていたが、これも退けられ、執行猶予つきながら公民権停止につながる禁錮刑が選択された。起訴後も衆院議員にとどまってきた石川知裕被告は、潔く辞職すべきだ。


 小沢氏の責任も極めて重い。刑事責任の有無は氏自身の公判の行方を見る必要があるが、政治的責任は免れない。疑惑発覚以来、その場その場で都合のいい理屈を持ち出し、国民に向き合ってこなかった。判決は、問題の土地取引の原資4億円について氏が明快に説明できていないことをわざわざ取り上げ、不信を投げかけている。


 私たちは社説で、こうした氏の姿勢を批判し、古い政治との決別を図るため、政界引退を迫ったこともある。判決を受け、その感はいよいよ深い。


 小沢氏は民主党の党員資格停止処分を受けた際、「秘書の不祥事の責任をとった政治家はいるが、それは秘書が容疑を認めた場合だ」と唱えていた。その秘書にそろって有罪が宣告されたいま、改めて身の処し方を考えるのが筋だろう。


 裁判での秘書らの言い分は、国民の常識や正義感からおよそかけ離れたものだった。


 例えば、小沢氏の政治団体間で資金のやり取りがあっても、ポケットの中身を移すようなものだ。報告書に記載することもあれば、しないこともある。カネの動きと記載時期がずれても問題はない――。判決がこれらを一蹴したのは当然である。


 他の政治家も政治資金規正法の目的を胸に刻み、自らに関連する資金の流れを緊張感をもって報告してもらいたい。


 描いた構図がほぼ全面的に認められたとはいえ、検察にも反省すべき点は多い。捜査段階の調書の多くは、威迫と利益誘導を織り交ぜながら作られたとして証拠採用されなかった。


 供述に頼らず、客観証拠を積み上げ、それによって物事を語らせる。取り調べでは相手の話をじっくり聞き、矛盾を法廷に示し判断を仰ぐ。そんな方向に捜査を見直すことが急がれる。丁寧に立証していけば主張が通ることを、判決は教えている。


http://www.asahi.com/paper/editorial.html


-------------


朝日新聞は裏金検察とチームを組んで、一貫として小沢攻撃暗黒祭りの先頭を疾走してきた。


朝日新聞は過去、第2次世界大戦、日本が軍国主義の時代、大本営発表の先陣であった。そして日本を破壊したのである。


朝日新聞とは日本を破壊する宣伝機関である。


この社説には倫理も論理もない。あるのは空虚である。


暗黒裁判を批判する理性もない。まさに裏金検察と暗黒裁判の絶賛のメタモデルだ。この社説には真実のひとかけらもない。


理性が欠落した朝日新聞とはすでに反動の動物である。


朝日新聞は日本が軍国主義の時代、大本営発表の先陣であった。その先祖帰りであろう。


朝日新聞の原点とはファシズム軍国主義である。


----------------


「あいた口がふさがらない」と虚脱呆然とする朝日新聞社説


http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/284.html


 -------------


「検察の深い闇」 対談 三井環氏(大阪高検元公安部長・市民連帯の会代表)と小沢遼子氏(評論家) 動画


http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/854.html


 


 


[PR]
by gumintou | 2011-09-27 11:15 | 小沢一郎

9月25日 小沢一郎氏応援デモ  中野  <増税・TPP断固反対!> 写真

9月25日 小沢一郎氏応援デモ  中野  <増税・TPP断固反対!> 写真

 
























[PR]
by gumintou | 2011-09-27 03:04

9月25日 小沢一郎氏応援デモ 中野  <増税・TPP断固反対!>参加の皆様へ  実行委員会のブログ

http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/

小沢一郎支援デモ実行委員会のブログ


9月25日 小沢一郎氏応援デモ 中野  <増税・TPP断固反対!>参加の皆様へ





Riseup

「国民の生活が第一。」の政治の実現を求める、小沢一郎議員支持者有志の皆様、また、国民増税・TPP加入に反対の意を表明する機会を求める皆様へ。

平成23年9月25日 小沢一郎氏応援デモ 中野  <増税・TPP断固反対!> 実施します。


◎ 9月25日(日) 
東京都杉並区和田3-55-30 メトロ丸の内線 東高円寺駅 1番出口


蚕糸の森公園(さんしのもりこうえん) 地図

つどいの広場(滝の広場)
※メトロ1番出口より出てすぐの公園入口より入り、右手へずっと奥まで進む。 人工滝のある広場です。

14:30分~ 集合   15:00時 出発



青梅街道~中野通り~JR中野駅付近を行進します。


コースマップ

集合場所付近の駐車場案内

ご参加にあたり、皆様に以下なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。

・デモ行進にあたって、ヤジを投げられたり、からまれるなどの挑発を受ける場合があっても、決して相手にならず、平静を保ってください。また、デモに対するいちじるしい挑発や妨害が加えられた場合、警備の警察官を呼んで、対応を委ねてください。

・撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスク、色メガネなどを御準備ください。

・資金カンパはいただきません。
小沢一郎議員石川知裕議員への支援に充てるか、被災者に寄付してください。

・集合地公園の使用許可は取得していますが、敷地内では、通り道を譲るなど、一般の公園利用者のご迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

雨天でも実施いたします。現在の当日の天気予報は「曇ときどき晴れ」です。


中野区の天気予報

デモ終了後、懇親会行います。

<シュプレヒコール>

私たちは小沢一郎議員を応援します

政権交代マニフェストを支持します

「国民の生活が第一。」

小沢一郎ならマニフェストを守れる

民主党は国民を裏切るな

民主党は子ども手当てを守れ

高校無償化を守れ

増税絶対反対

天下りをまず廃止せよ

国民増税反対

特別会計から復興予算を出せ

TPP加入反対

日本の農業を守ろう

TPP絶対反対

日本の雇用と産業を守ろう

アメリカのいいなりではだめだ


私達は小沢一郎議員を応援します

小沢一郎は無実だ

石川知裕も無実だ

大大久保隆規(たかのり)も無実だ

池田光智(みつとも)も無実だ

陸山会事件は冤罪だ

小沢も秘書も無実だ

マスコミは真実を報道せよ

鈴木宗男も無実だ

鈴木宗男を国会に帰そう

小沢一郎を復権させよう

小沢一郎なら約束を守れる

小沢一郎なら国民を守れる

私達は小沢一郎議員を応援します


☆   ☆   ☆


お問い合わせ Mail : ozawa_risen@excite.co.jp  
℡ : 070-5552-8284 小吹 伸一


案内チラシはこちらから
「925nakano.pdf」をダウンロード

ご参加お待ちしております。


Allinnocent





 


 


 


Tppnever



小沢一郎支援デモ実行委員会のブログ


http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-76b3.html




--------


9月25日 中野 小沢一郎応援デモ <増税・TPP反対> 参加を


 http://www.youtube.com/watch?v=tu1ngabdgxY&feature=channel_video_title


9.25 小沢一郎応援デモ 中野 <増税・TPP反対>へのご参加を


http://www.youtube.com/watch?v=lDJ4SBjkg4M&feature=channel_video_title


 


 


 


[PR]
by gumintou | 2011-09-24 07:30 | 小沢一郎

ならず者国家 米国の大破綻  9・11事件から10年  巨額戦費で国家財政危機  長周新聞

ならず者国家米国の大破綻


9・11事件から10年
             


 巨額戦費で国家財政危機  


http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/narazumonokoltukabeikokunodaihatan.html


 



 アメリカの「9・11事件」から10年をへた。戦争につぐ戦争で世界一極支配をめざしたならず者国家アメリカが、政治、経済、社会の全面にわたって国家破たんに追い込まれ、没落の坂を転がり出し、超大国の地位から転落を開始した。アメリカはアフガン・イラクの戦場で大惨敗しているだけでなく、北アフリカ・中東で親米独裁政府を倒され、中南米での反米左派勢力の台頭に打つ手を失っている。また、四兆㌦ともいわれる巨額の戦費で未曾有の財政危機に陥り、国債の格付けを初めて引き下げられるなど、ドルの信認が低下し破たん国家となっている。


 2001年の「9・11事件」はちょうどアメリカのIT(情報通信)バブルがはじけて経済が停滞し、独占資本集団などが戦争に活路を求めているときに起こった。ときのブッシュ政府は事件を「絶好のチャンス」ととらえ、「テロリストの仕業」と叫びたてた。今日では、事件について自作自演ではないかといぶかる世論がイスラム国などではなく、アメリカ国民の36%に達している。そして1カ月後、タリバン政府が「テロリストをかくまった」とこじつけて、アフガニスタンへの侵略戦争を開始した。国連も動かして国際的な「対テロ戦争」に世界の多くの国を動員した。


 「反テロ」を掲げてアメリカ国内はファッショ的な弾圧態勢をとる監獄に変え、世界各国でも「テロとりしまり」の名目で人民の自由を剥奪した。アメリカに新設された国土安全保障省は、なんと21万6000人を擁する巨大弾圧機関で、この10年に4000億㌦(約31兆円)を使っている。


 アメリカの支配者は歴史的にインディアンを殺し、ハワイやフィリピンを征服し、日本を原爆で単独占領し従属国として支配してきた。是非善悪を問わずに暴力や戦争で敵とみなすものを征服するのは、ならず者の常套手段である。


 03年3月には、イラク政府が大量破壊兵器を保有している、テロリストとも通じているとの口実で、国連の決議もないままイラク戦争を発動した。結局、この戦争はいかなる大義もない、アメリカが早くから計画していた侵略戦争であった。


 米軍はイラクに15万人、アフガンに10万人を派遣、NATO(北大西洋条約機構)諸国や日本、オーストラリアなど多国籍軍も派遣された。侵略軍は暴虐の限りを尽くして、民間人100万人を殺傷する戦争犯罪を重ねた。無人機による爆撃、精密誘導爆弾やロケット弾などを使ってファルージャなどいくつかの街に無差別攻撃したり、結婚式を襲撃したり、数限りない蛮行をくり返した。


 「新十字軍東征」と呼ばれたアフガンとイラク侵略は、両国の人民はもとよりイスラム諸国、戦争に反対する世界各国人民の反対運動を巻き起こした。アフガンではタリバン勢力が復活して戦場の主導権を握り、米軍は基地内に封じこめられている。国土の75%がタリバンの天下となり、外国軍に守られたかいらい政府は首都カブールを守るだけとなっている。イラクでは反米武装勢力の抵抗で泥沼に陥り、米軍の戦斗部隊は撤退をよぎなくされた。今は、要塞化された5大基地に米軍を残留させ、イラクの軍事支配を維持し、石油利権を確保しようとしている。


 親米政府作り石油略奪 行詰る常套手段


 アメリカのイラク・アフガン戦争は、親米政府をでっち上げてアメリカが占領支配し、石油など資源を確保するとともに、中東と中央アジアの戦略的要衝を抑え、世界支配の基地とする目的であった。


 ブッシュは「われわれ(米国)につくか、テロリストにつくか」と人人を脅しあげ、優勢な軍事力で敵対するものを殺しまくるというごう慢きわまりない「単独行動主義」をやった。米紙『ワシントン・ポスト』でさえ、「この10年、アメリカ人は依然として戦争の時代に生活している」ことを認めている。


 イラク・アフガンの侵略戦争には、アメリカの兵士など約230万人が投入された。そして今日までに、アフガンでは米兵1700人余り、イラクでは4400人余り計6200人余りが戦死。5万5000人余りが負傷した。このほか、多国籍軍の死傷もある。


 2つの戦争に使われた直接の戦費は1兆2000億㌦(約92兆円)をこした。退役軍人への補償などを含む「対テロ」関連支出は最大で約4兆㌦(約308兆円)という試算が出ている。退役軍人の失業率は12・4%と全体の9・1%より高くホームレスとなっている人は1万人をこえる。多くが心的外傷後ストレス障害(PTSD)やアルコール・薬物依存症である。


 巨額の戦費は、アメリカの財政危機のおもな要因となった。オバマ政府は連邦財政赤字が09会計年度から12会計年度まで、4年連続で毎年1兆㌦(約77兆円)をこえるため、「量的緩和策」と称してドル紙幣を輪転機でじゃんじゃん刷り、国債にして中国や日本などに買わせ、アメリカの中央銀行FRBなどにも買わせて歳入不足を埋め合わせてきた。その米国債の発行残高が法律で定める上限の14兆2900億㌦(約1100兆円)に達して、あわや債務不履行(デフォルト)の事態、つまり国家破たんの寸前までに至った。


 イラクやアフガンの戦費には、武器・弾薬だけでなく、「復興」資金も含まれている。その復興は「ショック・ドクトリン」と呼ばれる方式だった。つまり戦争で破壊した油田や各種施設をアメリカ企業に復興させ、暴利をむさぼらせるものであった。イラクでのハリバートンが典型的な事例で、ブッシュ政府の副大統領だったチェイニーがかつてCEO(最高経営責任者)をつとめた会社で、この会社が群を抜く受注でばく大な利益を得た。それと米軍を補完した民間軍事会社の要員が、米軍とほぼ同数いたともいわれ、その雇用費や受注費にも戦費が使われた。まさしく「新自由主義型の戦争」といえるものだった。フランスの放送「自由ヨーロッパ」は、この10年の「最大の勝利者」がほかでもなく、アメリカの軍産複合体と民間軍事会社であったとヤユしている。


 チェイニーが代表しているように、一握りの権力の座にあるものが暴利をむさぼるために国家財政を食いつぶし、国家を破たんさせてはばからない。現在、東北大震災や津波、原発事故などでも特区建設などといって外資や大企業を誘致し、それに「復興」資金をつぎ込んでもうけさせる「ショック・ドクトリン」がやられようとしている。


 世界を支配する力失う アフリカ等にも波及


 この10年、イラク・アフガン戦争での敗北、それに住宅バブル破たんによる金融・経済恐慌によって、アメリカの権威は失墜し、世界秩序を支配する力も失った。


 戦争はアメリカが覇権主義をほしいままにし、ごろつき同然に他国を侵略し、無実の人民を殺傷する本性をあますところなく暴露した。それはイスラム世界だけでなく、世界各国人民の反米感情を強め、打倒できるという確信を与えた。この1月来、北アフリカ・アラブ諸国で民衆の大衆的蜂起があいついで起こり、チュニジアやエジプトでは数十年にわたる親米独裁政府が打倒された。


 それは中東の核心問題であるパレスチナ問題にも影響し、アメリカに後押しされるイスラエルを窮地に立たせている。パレスチナ政府が国連総会に独立国家と国連正式加盟の承認を求めることを支持する国が140以上にのぼるまでになった。中東の政治的枠組みがアメリカやイスラエルに不利となる展開だが、アメリカはどうしようもない袋小路に追い込まれている。


 中南米ではひき続きアメリカの新自由主義に反対し、民族独立を基礎にした統合によってアメリカ主導の米州自由貿易圏を拒否する流れがいっそう力を増している。


 さらにアメリカ支配層が戦争と金融・経済恐慌の対応に明け暮れているあいだに、中国やロシア、ブラジル、インドなどに代表される新興国の経済力が成長し、世界経済に占める比重が格段に大きくなった。中国はこの10年間に名目GDP(国内総生産)で世界第二位となった。アメリカはまだ第1位ではあるが、01年の32%から今年は22%へと比重が下がる見込みとなっている。アメリカでかつて東アジア戦略などを作成したジョセフ・ナイ教授でさえ、「今世紀の最初の10年に、世界経済の中心はアジアに移った。アメリカは中東でみずから招いた戦争に落ち込んだ」ことを認めざるをえなかった。ギャラップの調査でも、7割のアメリカ人が「アメリカは道を誤った」と答えている。


 第2次世界大戦で世界最強国家に成り上がり、朝鮮、ベトナム、湾岸、アフガン、イラク、リビアと戦争につぐ戦争をして世界一極支配を夢見てきた、世界最悪のならずもの国家アメリカはついに大破たんをきたし、凋落を始めた。


 自民党・小泉内閣はそのアメリカに追随して、アフガン・イラク戦争に自衛隊を出した。とってかわったはずの民主党内閣も、米軍再編に大金を出して積極的に協力し、普天間基地の辺野古移転、米艦載機部隊の岩国基地移駐、馬毛島など離発着訓練基地の物色などをやっている。そして東北大震災にさいしては、米軍の「トモダチ作戦」という事実上の日米合同司令部の指揮する演習をやった。「動的防衛力」とか「南西諸島配備」などといって、自衛隊を米軍の下請軍隊として中国などへの原水爆戦争に参加することをもくろんでいる。それはまさに、日本を世界の孤児におとしめるものにほかならず、日本人民は断じて許すことはできない。



http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/narazumonokoltukabeikokunodaihatan.html


 


 


[PR]
by gumintou | 2011-09-23 08:03 | 政治・経済

復興の町民パワー結集が焦点  上関町長選挙告示  売町勢力解体のたたかい   長周新聞

復興の町民パワー結集が焦点  上関町長選挙告示  売町勢力解体のたたかい   長周新聞


長周新聞


復興の町民パワー結集が焦点


上関町長選挙告示
              
 売町勢力解体のたたかい    



http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/hultukounotyouminpawaakeltusyuugasyouten.html



 2011年9月21日付



 福島第1原発の事故をうけて全国が行方を注目している上関町長選挙が20日に告示を迎えた。9度目の町長選となる今回選挙には、推進派から現職の柏原重海、反対派から山戸貞夫の両氏が立候補を届け出た。29年を経て原発計画の終焉が現実になっているなかで、選挙戦そのものは原発にぶら下がって町を売り飛ばしてきた“過去の遺物”の対立構造となり、町民の冷ややかな視線にさらされている。上関町長選をめぐる情勢と、選挙の現実の争点はなにか、記者座談会をもって論議した。

 争点のずれた選挙構図 町民から逃げる空中戦

 A 両陣営の出陣式の様子や選挙戦の特徴から出してもらいたい。


 B 告示の朝、推進派・柏原陣営は雨の降りしきるなか、県漁協上関支店前で出陣式を開いた。発表は500人だったが実際に集まっている人数は300人いるかいないかぐらいだった。以前の町長選挙なら広場が埋まって道路側にも溢れていたのに、敷地内はがら空きで、後ろの方から遠巻きに見ている人がほとんどだった。動員力が極端に落ちている。漁止めをかけている割に漁師の参加が少なかった。町外の土建業者もまばらで、中電職員たちの姿が目立っていた。


 C 出陣式で柏原は原発について「逆風が吹いている。政府の方からも一つもいい話が聞こえてこない。国の方針を見守るしかないが、この30年の重みを、国はしっかり受け止めてほしい」と叫んでいた。あとは「生きるとはなにか」を説いたり、自主財源が2億円足らずで町財政はパンク寸前なのに、「県下でもっとも行財政改革にとりくんできた」から財源に余裕はあるのだと力説したり、的の定まらないことをいっていた。今回は中電の指導が入ってないのだろうか? という声も聞かれた。内容がちぐはぐで空っぽだからだ。


 B あと、衆院選2区で2度落選している山本繁太郎(自民党)が「国は上関を見殺しにするのか! そんなことはあってはならない!」と絶叫していたのが印象的だった。西哲夫(町議)は室津の立ち会い演説で「上関原発がどうなるのかはまったく不透明で国の判断がはっきりしないが、あのような事故があっても上関としての揺るぎない意志を示そうではないか!」と原発絶対推進を訴えていた。


 D 反対派は今回、選対本部を祝島に置いており、室津でこれまでやっていた出陣式はやめて、マスコミ対策用の出発式に変更した。ポスター貼り要員として動員された自治労(30人)を含めて60人程度が集まっていた。長島側の反対派住民の姿がほとんどなかった。挨拶をすませると選挙カーで少しだけ室津を走り回って、山戸本人は祝島で出陣式を開くのだと船に乗り込んで消えていった。主張としては、上関原発計画に決着をつける声を上げるために出たのだというものだった。町づくりには触れなかった。


 B 推進派陣営は原発がない場合の町づくりも考えるというが、どう町づくりをするかがない。なにをやるにしても上から下りてくる金頼みが体質だ。一方の反対派陣営もあくまで原発反対というが町づくりは祝島を自然エネルギーにするというだけで、町の立て直しには関係がない。また交付金に頼らない町づくりというが、それは中電の無責任逃亡を有利にすることになる。要するに両陣営とも町をどうするかはないというものだ。なにもする当てがないのに選挙に出ているわけで、町民から見たらしらける。


 締め付けが効かぬ町内 顔色悪い売町勢力


 C 奇奇怪怪な選挙戦構図になっている。出陣式が終わると町内は平常に戻って、選挙をやっている雰囲気がまるでない。室津の婦人が「福島の事故が起きて、今回の選挙ほど盛り上がらなければならない選挙はないのに、こんなに静かなのは異常だ」と気味悪がっていた。推進派は明らかに運動員が激減している。以前のように動かない。だから隅隅に動員をかける力がない。ものがいえないような締め付けも今度は効いていない。だから町民の多くが解放されて、自由にいいたいことをいっている状況だ。


 D 先日の町議会で推進派が2人しか発言しなかった。西とか右田とか原発一本派が発言しなかった。中電に養われて自分だけいいことをし、町民を痛めつけてきた推進派の柱になってきた連中の顔色が悪い。本紙が声をかけても逃げたりする。町民の恨みを買っており、風当たりが相当に強いようだ。


 B 室津では「立ち会い演説に出てきてくれ」と呼びかけがあったが、行かなかったという住民がかなりいた。今度は相手にされていない。無数の抵抗もはじまっている。先日の敬老会で長周号外が話題になっていたという。「あることないこと書く新聞」ではなく「あることあることを書く新聞」と年寄りが喜んでいたという。


 C 反対派陣営も町民のところに訴えに行かない。町民に頼みに歩かない、選挙運動はしないのが毎度のことだった。自分たちの選挙で町民のための選挙ではない。しかし「この時期に勝つ選挙をやらなくていつやるのか!」「負けるために出ている」と話題になっている。選対本部を祝島に置いて祝島に引きこもる算段のようだ。推進派が多い長島側でとりくまなくてどこで選挙をやるのかだ。またもアリバイ出馬の選挙放棄だ。推進派にせよ反対派にせよ、町民から逃げ回っている感じだ。二種類の日和見主義が町民を恐れてさまよっている感じだ。


 D 両陣営とも告示日はさっさと選挙カーでの訴えを切り上げていた。町民のなかでは争点ズレを指摘する声が多い。訴えとしても両陣営に中身がない。「原発がない場合の町づくりも考える」と柏原が主張しているのについても、“考える”というだけで具体的には空っぽだ。それ以上に、原発は終わっているのに30年来の推進政治へのケジメもなく、支配構造を温存させようとしていることに「ごめんなさいの一言もなく、反省もせずになんだ!」という怒りは強烈なものがある。


 町立直しの世論が圧倒 古い構造温存に辟易


 A 今回の選挙について「原発抜きの町長選」「原発の是非よりも、原発ができない場合の町づくりが争点」などとマスメディアが書き立てている。祝島のソーラーパネルをことさら持ち上げて、「原発か自然エネルギーか」という構図にしたいようだ。ソーラーパネルがどっちを向こうが上関町民にとってはなんの関係もない。争点はなにかを鮮明にすることが重要だ。


 新規立地である上関原発は終わったし、これに終止符を打って町の立て直しに進むことを要求する世論が圧倒している。世の中は変わったのに、古ぼけた推進・反対勢力が30年そのままの姿で出てきて、これまで通りの終わった構造の選挙をやっているから、みなが辟易している。


 B 福島原発の事故が起きて全国的にも「原発など言語道断」という世論が席巻している。しかし上関原発計画が終わっている要因はそれだけではない。漁業権問題が未解決で用地買収も完了していない。ごまかしながら手続きをごり押しして、二井知事も埋立許可を先走って出したが、祝島が補償金受けとりを拒否して、集まっていた全国の業者はみな引きあげ、推進策動は見事な振り出しに戻っていた。そのうえに、東日本大震災と福島事故が起きて、全国的な脱原発世論の席巻で振り出し以上に戻ってしまった。国や中電がこれを挽回することは不可能だ。


 A 終わったということだ。問題は戦後処理に移っている。終止符を打って町を立て直すこと、そのためには30年来でできあがった原発推進の売町政治勢力を一掃することが課題だ。この選挙において、票数の結果以上に重要なことは、売町勢力の力をなくさせ、町民が主人公になって町を立て直すパワーをどれだけ大きなものにするかだ。そして早いうちに町長も議員も辞めさせて総入れ替えする力を準備することだ。そういう新しい郷土愛に燃え、町の立て直しに情熱を燃やす新しいリーダーをつくっていくことだ。これが選挙の最大課題だ。

  中電は逃げる動き 立地事務所内は大異動 


 C 震災後、中電社員たちは「中電は上関原発をつくります」「やります」と町民宅を訪れて意志表示をしてきた。ところが、口の先とは裏腹に選挙を目前に控えた6月、立地事務所のメンバーが大幅に入れ替わった。引っ越しのサカイがひっきりなしに往来するのを見て、町民はなにごとかと驚いていたくらいだ。推進派の幹部にいわせれば「単純な異動ではなく“大異動”だった」と衝撃の大きさを語っていた。


 B 岩畔所長だけでなく3~4人いた副所長たち、渉外部長やその部下にいたるまでゴッソリ異動し、本店の上関部門からも経験者がほとんどいなくなったことが話題になっていた。これまでなら上関事務所の所長は本店や山口支店で上関とのかかわりを持ってきた人物が充てられてきた。ところが新たに送り込まれた所長は本店で人事を統括する労務畑で、「上関立地事務所(70人体制)を整理するための配置ではないか」「一人一人の職員を見極めて新たな配属先を決めるために来たのだろう」と話になっていた。


 C 出陣式には、かつて上関事務所に所属していたベテラン職員たちも応援で駆けつけていた。「○○さん、お久しぶりです」と声をかけて挨拶回りしていたが、推進派漁民が「オマエは上関を置いてどこに逃げたのか」となじっている光景を目にした。中電が「原発はやります」といって回ることは、中電はやる気があるが、国や地元がやらないから仕方がないという形で、「責任をとらない形で逃げるためだ」とみんなが受け止めている。「難しい」というならまだ正直だが、「できます」ではしらけると推進派の人がいっていた。


 A 30年上関をメチャクチャにしてきた中電だ。建設するのも難しくてとん挫したが、引きあげるのも難しい。離婚騒動も同じで分かれ際がもっともやっかいだ。逃げようと思ったら自分から逃げるとはいわない。逃げるためには中電は「原発はやる」という。責任を問われたくないからだ。推進派幹部が柏原町長を筆頭に元気がないのはそんな雰囲気を知っているからだ。


 D 豊北原発では70年代末に決着はついているのに、国のエネルギー基本計画から「候補地」として外されたのは20年後の90年代末だった。政府も「やめた」とはいわない。中電も同じだ。それが国が「新規立地は困難」とまでいうのは、まったくできないという意味だ。山戸は国が中止というまで終わらないといっていたが、このまま20年反対だけしていたら上関町は消滅してしまう。ここで勝負をつけて新しい道に進むしかない。


 C 平岡(法務大臣、衆院山口2区)が山口市で会見をして、新規立地が困難になった上関について国の補償対応を問われ、「まず地元から将来ビジョンを示していただきたい」と言及していたが、現役閣僚が上関の救済策を口にするということは、30年たってまったくメドがないことを示している。


 B 「これほど投資してきたのだから、いまさら引き下がるわけがない」という者もいるが、ばらまいてきた金はどうせ電気代だ。経費に利益を上乗せして電気料金を決めているから損はしていない。電力会社の商売は普通の商売と違う。なにをやっても損がない。
  
 原発政治との対決 売町勢力を一掃し 町作りに決起へ


 A 原発は終わりだというのが次第に全町世論になっている。中電や国、推進派の動きを見ていて町民の実感になっている。東京の6万人集会を見て、全国が変わってしまったと語られている。好むと好まざると白紙撤回して町の立て直しに進まなければ上関町は本当に潰れてしまう。もうタイムリミットだ。敵は売町政治の構図を残して、収束する手伝いをさせたいというのが狙いだ。中電にすっかり飼われた売町勢力なら文句はいわない。「原発からソーラーに」というのも、主導権がすべて外部勢力、外部大手資本依存であり、今の売町勢力体制を温存することになる。中電利権から今度は自然エネルギーのソフトバンク利権になったのでは町の立て直しにはならない。


 B この前、安倍元首相の昭恵夫人が自然エネルギーの飯田哲也と一緒に祝島に行った。先日は小泉純一郎が脱原発をやって再生エネルギーに転換すると講演していた。自民党のなかでも財界のなかでも自然エネルギー派が台頭している。光の新日鐵などもそうではないか。原発をやめて自然エネルギーの利権に変えるという動きも出ている。


 C 町議会は推進派も反対派も共同で、10月に高知県の風力発電を視察に行くという。選挙後には「原発がない場合の町づくりも考える」といって協議会を立ち上げる予定で、東京のコンサルタント会社に業務を発注している。「東京の外来種に上関のなにがわかるか。上関町民に聞けばよいのに」と町民の多くが語っている。


 D 選挙には東京のメディアもやってきているが、町民はバカにしている。はねつけられて取材に往生しているようだ。幹部たちのところに行っては「人を紹介してください」と懇願している様子が語られている。町民は東京にへりくだっていないし、上層部のような都会コンプレックスなどない。田舎ものの誇りで対応しているようだ。


 B 関心は町づくりをどうするかに移っている。基幹産業の漁業についても、漁師に聞くと瀬戸内海、とりわけ上関海域の豊かさを熱を込めて語る。現状では魚が買いたたかれてバカみたいな値段にしかならないが、出荷や販売、加工を工夫したり研究するなら可能性はあることが語られている。現状の個別バラバラの出荷で仲買に食い物にされているような状態ではまったく展望がないこと、とくに漁協が中電の子会社のようになって機能しないことが激しい矛盾になっている。


 室津の漁師がいっていたが、魚の絞め方や冷やし方一つとっても、まったく身がかわってくるという。老舗だった永八(室津地区の仲買)の大将が魚の扱いはプロで、鯛でも絞めたら30分はギンギンの氷水につけて、それから氷を敷いた箱に詰めて出荷していたという。「一〇分ではダメ。そうすることで京都や大阪に出荷しても身が生きているのだ」と教えてくれた。みんなが共通の方法で出荷すればブランド価値も違ってくるし、漁場管理にしても、なにをするにも集団で挑むことだと。町づくりになると町民自身のパワーがいるし、連携がいる。加工して付加価値をつけるにしても地域ぐるみのパワーが動き始めれば違う。今ある上関の海と山に依拠するほかに、空から産業が降ってくるわけではないことが論議になる。


 C 商店にしても老人が多いなかで宅配ビジネスの可能性や、その他高齢者が多い実情に照応した町づくりが必要だとワイワイ論議になっている。室津のつくしの会が月に一度80歳以上の高齢者に弁当を作っているが、100食を超えているという。以前は75歳以上を対象にして喜ばれていたが、あまりに高齢者が多いので、やむなく80歳に対象年齢を引き上げたようだ。


 A 下から町民自身の力が炸裂しなければ町の再建にはならない。そのためにも30年原発にぶら下がって町をガチャガチャにした連中に責任をとらせないといけない。これら町民を犠牲にして自分だけいいことをしてきた売町勢力に大きな顔をさせないようにしなければならない。上関を立て直すには当然資金がいる。30年の打撃について、国なり二井県政、中電に相応の償いをさせることは当然だ。ただ、金のまえに下からの町民の復興に向けた立ち上がりがいるし共同体回復がいる。


 C 阻害物になっている売町勢力を一掃して、町づくりに決起しないといけない。そのために中電の下で出来上がった支配構造を取っ払うことがいる。今の売町勢力を温存していこうとする流れと、町民主導で進もうとする流れは真っ向から対立する。町民を抑えつけてきた構造が崩壊していることを選挙を通じて見せつけ、思い切って立ち上がる状況をつくるのがもっとも重要なことだ。それがまさに原発政治との対決だ。


 A 両陣営がちりちりして町民から逃げ回っている。亡霊選挙の様相だ。選挙を機会に売町勢力と全町的なたたかいをして、瓦解させる町民運動がいる。町立て直しに向けた町民決起をどうつくるか。売町政治にダメージを与え、解体する力を見せつける選挙にすることだ。これをやらなければ町の立て直しは手遅れになる。空疎な選挙戦構図であるが、この選挙のなかで町民論議を発展させ、町を復興させる町民の力をいかに強くするかが最大の課題だ。選挙後にはいずれ町長、町議会も解散させて一掃させるような状態、威張り腐ってきた連中が青ざめるような状態をつくることが上関町民の展望を切り開くことになる。



http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/hultukounotyouminpawaakeltusyuugasyouten.html



[PR]
by gumintou | 2011-09-23 04:24 | 脱原発

「9・19 さよなら原発 6万人集会・デモ」 に参加した福島の人々  動画

「9・19 さよなら原発 6万人集会・デモ」 に参加した福島の人々  動画


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=TjLRe2-71NA


 


http://www.youtube.com/watch?v=TjLRe2-71NA&feature=channel_video_title

福島第一原子力発電所の事故を受け、9月19日、作家の大江健三郎さんらの呼びかけで、脱原発を訴えた「さようなら」原発集会とデモが東京・明治公園で開催され、約6万人­(主催者発表)が参加、脱原発を訴えるアクションでは過去最大規模のものとなった。

主催したのは、「さようなら原発」一千万人署名市民の会で、呼びかけ人は、作家の大江健三郎さんや、ルポライターの鎌田慧さん、落合恵子さんら9人。福島県からも、市民が­長距離バスでかけつけ、集会開始の午後1時30分には、会場となった明治公園は人でいっぱいになった。

ステージ上では、鎌田慧さん、大江健三郎さん、内橋克人さん、落合恵子さん、澤地久枝さん、フーベルト・ヴァイガーさん(FoEドイツ代表)、山本太郎さん、武藤類子さん­(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)が脱原発のメッセージを訴えた。

福島県三春町から参加したハイロアクションの武藤類子さんは、現在の福島の状況について、「目には見えない放射能が降り注ぎ、私たちは被爆者となりました。すばやく張り巡­らされた安全キャンペーンと不安のはざまで引き裂かれていく人と人のつながり。毎日毎日、いやおうなく迫られる決断。『逃げる、逃げない』『食べる、食べない』『子どもに­マスクをさせる、させない』『洗濯物を外に干す、干さない』『何かに物申す、黙る』様々な苦渋な選択がありました」と語り、政府交渉、疎開裁判、避難、保養、除染、測定な­ど福島県の人々の起こすアクションに注目して欲しいと訴えた。
  
14時すぎには、集まった人々が3つのコースに分かれ、デモ行進を行い、楽器を演奏したり、プラカードを掲げながら、「原発はいらない!」「原発の再稼動をするな!」など­と訴えた。

小学3年生と6年生の子どもがいる福島市から来た男性は、「東電と国の方から動いてもらって、福島県の子どもは全部避難させてもらいたい」と話した。ハイロアクションの大­賀あや子さんは、「これだけ大きなデモだと避難している人やいろんな立場の人もニュースで知ると思うので、手をつないでいきたい」と期待をこめて話した。

デモに参加していたドイツ文学翻訳家の池田香代子さんは、「今回の行動は1000万人署名のキックオフという位置づけで、盛り上がって満足して終わりではなくて、署名10­00万人超すぞというようなので、いいなと思う」と、現在、全国で集められている1000万人署名について呼びかけた。

デモへ参加した理由について、微力でも行動しなければならないと思ったと話す男性は、福島県新地町から親子でバスで東京に来たといい、「子どもたちを外で遊ばせられない。­かわいそうなことをしている。これをきっかけに脱原発したい思いが強い」と訴え、6万人の人々が集まったことに関して、「すごいパワーをもらった。来て良かった」と話した­。

脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める1000万人署名は、野田佳彦首相などに提出される予定で、第1次締め切りは9月10日、第2次締め切りは12月20日­、第3次締め切りは2012年2月28日となっている。

「さようなら原発」集会映像
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=k5Q5cRWpQaU

関連リンク 
さようなら原発1000万人アクション
http://sayonara-nukes.org
1000万人署名~脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名
http://sayonara-nukes.org/shomei

----------------------------------------------
制作:OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org/

-----





どんなに苦しくても、世の中が真実で満ちていれば、それでいい。




どんなに辛くとも、信じるに足る社会であれば、人々は生きていける。




しかし、今の日本は何だ・・・・・          藤島利久





↓ 毎日動画ブログ更新中!街カフェフェTV 生中継&録画 ↓




メイン画面はこちら




http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/




http://twitcasting.tv/kochi53


 


↑ここからツイッターでコメント送れます。






*** 街カフェTV生中継

-----------

1


http://twitcasting.tv/kochi53/movie/2576971#


2


http://twitcasting.tv/kochi53/movie/2576668


[PR]
by gumintou | 2011-09-20 23:03 | 脱原発

10・30 「原発とマスゴミとデモ弾圧機動隊の葬式」へのご参加を   動画

10・30 「原発とマスゴミとデモ弾圧機動隊の葬式」へのご参加を


http://www.youtube.com/watch?v=DnMZXoQlSkI&feature=channel_video_title


 


-----


福島県いわき市出身牧師結城昭氏の全国十字架行進は今も続いている


http://www.youtube.com/watch?v=R4ZMQyMQED0&feature=channel_video_title


福島県いわき市久ノ浜7・17 牧師結城昭氏の独り十字架行進


http://www.youtube.com/watch?v=WDRSilZbvbg&feature=channel_video_title


 


-----



 



Punk's Not Dead 



10年来の円高トレンドによりドル建外貨準備金の為替損失は30兆円規模に達する見込みである、とエントリーしたのですが、現実はそれを上回り40兆円規模に達する試算が明らかとなりました。繰り返しますが、米国債は「預り証」を引き換えとするのみで、日本側は現物の保有権も決裁権もありません。為替レートの動向をにらみながら売買し差益を稼ぐこともできない上、今回のような大震災があっても売却し復興財源に充てることもできないわけです。つまり事実上のカツアゲです。



米国の恫喝的な外交圧力を顧慮しても、国防予算8年分相当の焦げ付きを計上しているわけですから、財務官僚は今後20年、給与、賞与、退職金をカットして補填するのが道理でしょう。国家賠償法第1条に庇護され、これだけ莫大な国民資産をドブへ捨てるように毀損させながらも、賠償責任すら遡及されることがないわけです。それどころ満額の給与を得、退官後は市中銀行、政府系金融機関などへ天下り、数億円の不労所得が保障されています。



官僚機構に睥睨される野田政権が発足し、早々に全方位的な増税を騙っていますが、そもそも財務官僚がこのように外為特会で莫大な運用損を出し、その尻拭いを国民負担として押し付けているわけです。復興財源として公務員給与を5800億円引き下げるとの方針が打ち出されましたが、この額は人件費の僅か2%にも達しません。一般国民は資本、官僚、米国から三重の搾取を受け、疲弊も限界に達していきます。この重層的搾取は、紛れも無くNeocolonialism(新植民地主義)の発展形態です。



小沢一郎と鳩山由紀夫が失脚した事由は、先の衆院選で両名が掲げたマニフェストをみれば一目瞭然です。特別会計、天下り、特殊法人、これらの不当な補助金、公務員の過剰給与、クロスメディア、記者クラブ、電波廉価使用、企業団体献金、亡国の元凶である全ての利権の一掃を謳っていたわけです。天下り禁止ともなれば生涯賃金は億円単位で損なわれるわけですから、官僚機構が総力をあげて対峙し、利権をともに貪るマスコミのケツを叩いてアンチ小沢の報道に狂奔し、政権を簒奪したのは必定です。



総務省などは全テレビ局の許認可権、ひいては経営母体である新聞社の生殺与奪を握っているわけですから、やりたい放題です。いずれにしろ、残された社会資本を既得権益層が寡占するのか、あるいはこれを国民側が奪回し社会格差を克服するのか、政権交代の本質とはまぎれもなく階級闘争でした。しかしながら両名の失脚をもって改革勢力は駆逐され、野田政権をもって官僚機構が復権し、つまりは支配勢力の圧勝であり、この国の統治システムは微動だにもしなかったわけです。



石井こうき議員の「官僚利権により、この国は滅びる」という預言は、無軌道な原発行政がもたらした災厄によって成就しつつあります。「汚染ガレキ処理法案」が可決されましたが、これは日本国中にあまねく放射性物質が偏在することを意味します。すでに関東では多量の放射性物質を含む汚泥焼却灰の海洋投棄が始まり、食料供給と水源確保、疎開のため絶対的に不可侵であった四国・九州までも汚染が拡大されることになります。



発癌率の突出性を均質性でもって抑制し、国家賠償の回避をはかるという目論見も推考できます。いずれしろ、この国にもはやSANCTUARY(聖域)は存在しません。東北・関東地域での農業は事実上の終焉をむかえ、時系列的に国内全域での食糧生産は不可能となります。TPPの参加議論が加速し、食料の輸入依存は必定となり、カーギルやADMなど穀物メジャーを擁する米国が食料を機略とし、さらなる経済植民地化が進捗します。



同時に労働市場、金融市場の開放など24項目全てがなし崩しとなり、さらに社会資本は蚕食され、国富は流出することとなります。いずれにしろ大恐慌以来の経済崩壊に直面する米国は、産業復興と市場獲得の起爆剤として今回の原発事故を捕らえています。非常時において主食である米は戦略物質であり、歴史上、食糧生産を他国に依存して存続し得た国はなく、食の喪失はすなわち国体の喪失を意味します。



事態を周知させるべきマスコミはこれを遮蔽し、公官庁主導のもとに斉一なプロパガンダを垂れ流す宣伝機関と化しています。斜陽化する業態に見切りをつけ、行政府へ阿り、結託し、再販制度、記者クラブ、優遇税制、電波廉価使用の権益と引き換えに、下部組織として生き残りをはかる経営判断です。原発事故の矮小化、増税肯定の世論誘導など、報道が垂直統合的に省庁の意向を受け、統制されたものであることは語るまでもないでしょう。



統治と報道の一体化はすなわちナチズムと同義です。「いかに支配構造を隠蔽し、民衆の認知錯誤をもたらすか」、共認支配における報道のテーゼはこの一文に集約され、扇動と蒙昧の行き着く先は暴力と破壊でしかありません。



http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-entry-236.html


独りファシズム


 



 


 


[PR]
by gumintou | 2011-09-20 18:08 | 脱原発

9・19 「さようなら原発集会」 6万人が参加  OurPlanetTV  動画

402099122

9・19「さようなら原発」集会・デモ
大江健三郎さんのスピーチ原稿

http://twitpic.com/6nedo2


------


9・19 「さようなら原発集会」 6万人が参加  OurPlanetTV 


http://www.youtube.com/watch?v=k5Q5cRWpQaU


 


「さようなら原発集会」



9月19日(月・敬老の日)

会場  明治公園



発言

鎌田慧さん、大江健三郎さん、内橋克人さん、 落合恵子さん
澤地久枝さん、フーベルト・ヴァイガーさん(FoEドイツ代表)
山本太郎さん、武藤類子さん(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)


さようなら原発1000万人アクション
http://sayonara-nukes.org
1000万人署名~脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名
http://sayonara-nukes.org/shomei
-----------------------------------------------------------------
制作:OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org

http://www.youtube.com/watch?v=k5Q5cRWpQaU

-----

コメント

明治公園ではよくききとれなかったので、ここできけてよかった。­すごいパワーでした。「さよなら原発」です。

----


アップロードありがとうございます。


これをなぜテレビで流さない??


腹立たしい気持ちでいっぱい。

----

ついにYouTubeの再生リストに「脱原発」のカテゴリを…こ­の集会で何が話し合われたか気になっていた私にとってこの動画の­UPは本当にありがたいです。心から感謝!

-----

最後の福島の方のお話は関西でややもすれば「普通に」暮らしてい­る私に喝を入れてくれました。ありがとうございました。

-----


一人ひとりのスピーチ内容全文を


世界の教科書に載せられたらいいなと思いました。

-----

明治公園は人で溢れ集会の始まる13時にはすでに公園内に入るこ­とが出来ず、周辺の歩道に人があふれました。明治公園がこのよう­な状況になったのは、いつ以来でしょうか。このような大きな集会­であるにもかかわらずマスコミの取り扱いは相変わらず小さく、N­HKの7時のニュースでは取扱いもしませんでした。ニュースに出­てきたのは原子力学会の様子でした。反省しているふりをし、原発­再開に期待する御用学者たちの集会でした。

------


鹿児島から、NET(Myブログ)で参加させていただきます。


過去、1988・8・8・「いのちの祭り」に参加した者です。


地球の、世界の、日本の、福島の、未来を担う子供たち、・・


自分の5人の子供たち、二人の孫たち、そして其の子孫・・・。


生きとし生けるもの達のために、今一度「さようなら原発」と


ここに参集されたお方たちと共に、あらためて 叫びたい!

-----

http://www.youtube.com/watch?v=k5Q5cRWpQaU


 


[PR]
by gumintou | 2011-09-20 17:29 | 脱原発

「原発とマスゴミとデモ弾圧機動隊の葬式」10月30日挙行

「原発とマスゴミとデモ弾圧機動隊の葬式」10月30日


情報拡散動画


http://www.youtube.com/watch?v=cztuMJG4upE&feature=channel_video_title


 


-----------------


 


◎名称  さようなら原発 5万人集会
◎日時  9月19日(月・敬老の日)
13:00~ライブ  13:30~集会  14:15~パレード
◎会場  明治公園(東京都新宿区霞ヶ丘町6)



10003698190_s
de26bf48a23942bf7cbaad93b8d45313
img_936097_19550766_0
978-4-88748-219-7
0096biga

地下鉄~1

明治公園





◎名称  さようなら原発 5万人集会
◎日時  9月19日(月・敬老の日)
13:00~ライブ  13:30~集会  14:15~パレード
◎会場  明治公園(東京都新宿区霞ヶ丘町6)

地図http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access086.html
JR「千駄ヶ谷」下車5分
地下鉄大江戸線「国立競技場」(E25)下車2分
地下鉄銀座線「外苑前」下車15分

◎参加費 無料

◆内容
◎オープニングライブ  寿
◎発言   落合恵子さん 大江健三郎さん 内橋克人さん 鎌田慧さん
山本太郎さん 武藤類子さん(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)
ドイツからのゲスト
◎送り出しライブ  ランキン・タクシー、ナラカズヲ

◆パレードコース
A.明治公園→外苑西通りを北→新宿通りを西→新宿駅南口→代々木

第3児童遊園地(代々木2-13-3)で解散
B.明治公園→千駄ヶ谷小学校前→竹下通り入口→原宿駅→五輪橋→

代々木公園/第1体育館側で解散
C.明治公園→青山通りを渋谷方向→宮益坂を右折→宮下公園→勤労

福祉会館前→代々木公園/NHK側で解散

◆その他
◎当日はたくさんの人が来ます。そこで会場中を大きく、①個人参加者・

市民団体、②労働組合・民主団体、③政党・各種団体等に区分けします。

当日配布するプログラムに、それぞれの場所を記載します。
◎パレードは、3コースに分かれて行います。パレードも、上記の区分で

コースを振り分けます。
◎手製のプラカード、楽器の演奏、仮装など大歓迎です。工夫を凝らして、

街行く人たちにアピールしましょう。

◆主催  「さようなら原発」一千万人署名市民の会
連絡先 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1F
原水爆禁止日本国民会議
tel.03-5289-8224 fax.03-5289-8223

※この情報は今後も更新されますので、ご確認ください。


------



藤島利久氏が2011年10月30日(日)、東京で「原発とマスゴミと警視庁機動隊の葬式」を企画
してくれました。感謝しております。

先頭を歩くのは「南無妙法蓮華経」「南無阿弥陀仏」と勤行、仏の福音を唱える鎮魂の仏教者であります。
全世界から全日本から仏教者は「原発とマスゴミと警視庁機動隊の葬式」に参加していただきたいと
願っております。

またキリスト教徒は牧師結城昭氏のごとく十字架をひとりひとりが背負い、祈りながら行進していただきたいと
願っております。

わたしもひとりの南無妙法蓮華経徒として、10月30日の本番のために勤行という声で唱える訓練を毎日しております。

鎮魂の舞をおどる舞踏者も「原発とマスゴミと警視庁機動隊の葬式」には、ぜひ参加してほしいと願っております。

---------


■これからは全世界に向けて情報発信する必要がある!


先週日曜日(9月11日)に東京新宿で1万人を集めて行われた「反原発」デモの最中、フランス人男性と日本女性のカップルが、デモを妨害するために集まった極右排外主義ファシスト集団「在特会」の以下のような余りにもひどい罵詈雑言の差別発言に抗議しようとして、「在特会」を護っていた警察官に「公務執行妨害」容疑で不当逮捕されたのです。


【在特会の罵詈雑言】


「反原発」デモ隊は犯罪者!


犯罪者は日本から出て行け!


犯罪者を射殺しろ!


犯罪者を生きたまま原子炉へ叩きこめ!


警察は早く逮捕しろ!


ウジ虫を日本から叩き出せ!
____________________

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/573.html

----
デラバンさんの投稿で紹介されました
英語、フランス語翻訳による動画は、現在、全世界に向けて発信されております。

"ZaiTokkai"
というキーワードは現在日本の「原発ファシズム体制」を物語る文字となりました。

「逮捕はまだまだ甘い、拳銃で射殺しろ!」と「人を殺せ!」在特会は
パブリックな公道で煽動しておりました。これはすでに犯罪であります。
しかし警視庁機動隊は在特会を逮捕せず、その反対に正義の人々を逮捕したのであります。

街頭にいた市民の人々は「逮捕はやめろ!」を抗議しておりました。
その抗議から在特会を防衛したのが警視庁私服公安部隊でありました。

在特会とは東京電力が雇った「私兵部隊」であり、警視庁機動隊と警視庁公安が雇った「私兵部隊」で
あることが明確になりました。

ここには東京地検もマスゴミもつるんでおります。
「原発ファシズム体制」の現在進行形こそ9・11新宿反原発デモ12人逮捕でありました。

21世紀10年代におきまして、こうした社会を許しておくならば
わたしたちは再び、小林多喜二が特高によって獄中虐殺された時代へと反転させられてしまいます。

「原発とマスゴミと警視庁機動隊の葬式」とは
わたしたちの心のなかで、原発とマスゴミに対して「死の宣告」をすることであります。
デモを弾圧する警視庁機動隊と警視庁公安に対して「死の宣告」をすることであります。
たいせつなのは心であり重要なことは、わたしたちの心のあり方であります。

わたしたちの心的エネルギーこそたいせつであり重要であり、存在の中心軸こそ心であります。

「原発とマスゴミと警視庁機動隊公安」に対して心の中で「死を宣告」いたしましょう。

それが10月30日、東京で開催される
「原発とマスゴミと警視庁機動隊の葬式」であると思っております。

---------------------------

まるで大臣の首も思いのまま、傲慢暴言ヤクザ記者はこの男、時事通信鈴木隆義。

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/577.html

------------------------

冤罪捏造元の在特会を動かす検察特捜部   和順庭の四季おりおり

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/592.html

---------

鉢呂辞任に追い込んだ記者は誰か?    和順庭の四季おりおり

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/461.html


--------




どんなに苦しくても、世の中が真実で満ちていれば、それでいい。




どんなに辛くとも、信じるに足る社会であれば、人々は生きていける。




しかし、今の日本は何だ・・・・・          藤島利久





↓ 毎日動画ブログ更新中!街カフェフェTV 生中継&録画 ↓




メイン画面はこちら




http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/




http://twitcasting.tv/kochi53


 


↑ここからツイッターでコメント送れます。






*** 街カフェTV生中継

-----------

藤島です。


10月30日、『原発・マスコミ・デモを弾圧する警視庁機動隊の葬式』を挙行します。いつもは参加要請に答える形で出かけてましたが、今度はデモ主催者になります。ご協力お願い致します。



10月デモパフォーマンスは、先頭を喪服の参列者が抗議としてシ~ンと歩きます(これで逮捕出来ないだろう!)、次に演説しながら行進する隊列~その後をサウンドデモが続き、各種企画(音楽集会)等で盛り上げる。


という企画を立てます。皆さん協力して手伝って下さい。

協力、賛同の意思、もっとこうしたらいいという意見をメール又は電話で寄せて下さい。反対の意見は終ってから聞きます。

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/469.html

国家権力介入で原発やめろデモ粉砕 ~ 10人逮捕の惨劇 市民連帯の会(新党市民)藤島利久

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/400.html



在特会と連携する警視庁機動隊よ恥を知れ!… 宣戦布告だ!「デモ弾圧を許さない国民会議」創設/新党市民代表・藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/469.html



小沢真っ白会見を総務省が拒否!無茶苦茶なので隠し撮りを公開します ~ 市民連帯の会(新党市民)藤島利久
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/492.html

国会前演説/脱原発ハンスト/不当裁判 街カフェTV生中継大忙し ~ 市民連帯の会(新党市民)藤島利久

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/560.html

---------

10月30日(日) <原発とマスゴミとデモを弾圧する警視庁機動隊の葬式 >へのご参加を 情報拡散動画

http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/567.html

-------



 


[PR]
by gumintou | 2011-09-19 00:09 | 脱原発


混沌から


by gumintou

プロフィールを見る
画像一覧

あなたもおらも猫の手をかりてブログ、懸賞小説にどんどん応募するべよ。賞をねらって賞金かせぐべよ。小説運動、小説主体、ネタはあなたの生活にあります。自分の実生活から小説応募にアタック!

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧