<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

元戦旗・共産主義者同盟議長荒岱介(あら・たいすけ)氏追悼

元戦旗・共産主義者同盟議長荒岱介(あら・たいすけ)氏追悼

----


戦旗・共産同の元議長が死去 荒岱介氏








 成田空港の建設反対運動などを展開した戦旗・共産同の元議長荒岱介氏が3日午後8時15分、前立腺がんのため、さいたま市の自宅で死去した。65歳。千葉県出身。葬儀・告別式は9日午前11時からさいたま市浦和区本太1の42の2、延命寺会館で。喪主は妻久江さん。

 戦旗・共産同は、60年安保闘争の中核だった共産主義者同盟(ブント)の分派の一つ。成田闘争では他派とともに激しい反対運動を繰り広げた。

 荒氏は早稲田大在学中にブントに参加し、戦旗・共産同のリーダーとして活動。最近は出版社の社長を務めていた。

2011/05/04 22:59 【共同通信】


http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050401000853.html


-----

荒岱介氏がすでに死亡していたことを教えられたのは
10月23日のに日曜日、霞ヶ関経済産業省前、反原発テント村で闘争している方からであった。偲ぶ会には反原発テント村から何人か参加したという話。

それを聞き、わたしは愕然とした。
荒岱介氏は、まだ、元気に活動していると思っていたからである。



荒岱介氏は前立腺がんのため5月3日に亡くなった。
誰もわたしには知らせてはくれなかった。
孤独の荒野には乾いた風が唸りをあげている。

7月17日の日曜日、わたしは、おーるさんが生まれ育ち働き生活していた、いわき市での反原発集会デモに参加した。そのとき登山姿の荒岱介氏がひとりデモ最後尾を歩いていたことを発見していた。その人は、いつのまにか消えていた。あれは荒岱介氏の幽霊であったのだろうか? それとも似た人だったのだろうか?
今のわたしには理解不能である。

荒岱介氏とは1980年代日本革命運動の政治組織思想者であると思う。
「高校卒業の大いなる労働者革命者」という人材を生み出してきた。
「高校卒業の労働者革命者」でありながら論文も書ける人材を輩出してきた。

荒岱介氏とは荒正人氏の系譜でもある。
荒正人氏は敗戦後、「近代文学」誌創設に参加し、敗戦後主体性論争はこの「近代文学」誌から現出したのである。「死霊」の埴谷雄高も参加していた。

荒岱介氏が愛した作家とはロシア文学のドストエスキーである。

荒岱介氏は70年代後半「人民の戦旗をかかげて」で、革命運動組織内の規範を提起した。

1982年に出版、獄中で書いた「武装せる蒼生(そうせい)」においては、アジア革命運動を総括し、「武徳の思想」を提起した。1980年代日本革命運動の展望を提示した。

荒岱介氏の文章がもっとも輝き「試練としての苦行」として、人の魂に響いたのは1980年代の政治組織思想の論文であったと、わたしは思っている。

「北西風に耐える革命主体のガイスト」は1983年に書かれた論文だが、荒正人氏が参加し「近代文学」誌から現出した敗戦後主体性論争の帰結であったと、わたしは思う。

荒岱介は名前のように山岳を踏破する登山人でもあった。
政治組織思想とはリアリズムとの一寸における人間の闘争である。
ゆえに「政治とはつねに一寸先は暗黒」の落とし穴が待っている。
政治とは究極のリアリズム検証がなければ冬の山岳登山のように遭難してしまう。

武装とはおのれをどこまでも問い詰め検証していくリアリズムとの自己闘争である。
ゆえに政治とは「一寸」なのだ。一寸とは「3.03 cm」である。
政治とは3センチの方向めぐる身体感覚なのだ。
そして武装の基本とは3センチという間合いの防衛である。

この3センチの方向を誤れば、政治者は暗黒という落とし穴に陥没していく。

落とし穴はいたるところに用意されている。
これが古代以来の政治社会であり、人間とは政治的社会動物でもある。
一匹の動物なのだ。

65歳で亡くなった、
元戦旗・共産主義同盟議長荒岱介氏を追悼し哀悼する。

荒岱介氏よ「2012過度期世界の革命」がやってくる。

わたしの現在の思想とは
「非暴力主義による協働的世界形成」である。

長文を書けるように鍛えてくれた1980年代の荒岳介氏に感謝する。

荒岱介氏よ「日本の血は立ったまま眠っている」寺山修司。

ぜひともあの世で、寺山修司と対話してほしい。

荒岱介氏よ、寺山修司と、青森恐山で唸り風をあげてくれ。



厳しいが、わたしは荒岱介氏の死を、70年代日本革命運動における、革命的共産主義者同盟本多延嘉氏、革命的労働者協会中原一氏の系譜としてはみてはいない。

荒岱介氏は小説風「破天荒伝」を1990年代に書いて出版したが、それは文学ではなかった。
自慢話であった。

小説という文学とは、どこまでも人間をえぐり、人間の暗黒と地獄心理まで描く行為である。寺山修司演劇「観客席」でもある。舞台も観客も盲目となるのだ。

中国古代史における民衆の定義とは、目をつぶされた民である。

ゆえに、荒岱介氏はあの世で、寺山修司と対話する必要がある。

荒岱介氏よ、「2012過度期世界の革命」だ。

「日本の血は立ったままで眠っている」寺山修司。

前衛の定義とは脱皮する非人間であり蛇人間である。

牧歌の孤独な荒野、乾いた風が恐山に唸りをあげている。

ひとつ、つんでは父のため
ひとつ、つんでは母のため
それを鬼がつき崩す

荒岱介氏よ、恐山賛歌をあの世で聞くのだ。
[PR]
by gumintou | 2011-10-28 05:13 | 生活

10・30(日) 東京 渋谷 TPP断固拒否国民デモ 挙行します。  TPPを断固拒否するデモ 

10・30(日)渋谷 TPP断固拒否国民デモ 挙行します。


http://tpp-negative.seesaa.net/article/232050996.html

PN2011042101000504_-_-_CI0002

TPP反対3

10・30(日)渋谷 TPP断固拒否国民デモ 挙行します。

10_30TPP_Negative_page0001.jpg
案内チラシ:10_30TPP_Negative.pdf

10月30日(日)、ふたたび渋谷にて、「TPP参加断固拒否」の意志表明と啓発のデモを実施します。

TPP参加を断固拒否する国民デモ 

平成23年10月30日(日) 集合開始 14:00  出発 15:00 

集合場所 : みやしたこうえん 北側広場
(JR渋谷駅東口・宮益坂口より出てすぐの明治通りを左へ5分 渋谷区神宮前6-20-10)
 
地図     ※公園真下に駐車場あり。

デモコース: 渋谷・みやしたこうえん出発~公園通り~宮益坂~青山通り~神宮前~明治通り~神宮通公園終着(4.1Km 90分)
http://g.co/maps/ydbxq

今回、長いコースを設定しました。
ご参加の皆様は充分な休養と栄養をとってお臨みください。

何とかして日本を救いましょう。よろしくご協働のほどお願いいたします。

10・30 TPP拒否国民デモ
実行責任者 小吹 伸一

Mail: kobukidesu@livedoor.com
℡ :070-5552-8284


http://tpp-negative.seesaa.net/article/232050996.html

----


10・22渋谷 TPP断固拒否国民デモ 動画

10・22渋谷 TPP断固拒否国民デモ 記録動画です。

撮影・中継していただきありがとうございました。


TPP反対国民デモ in渋谷
http://www.ustream.tv/recorded/18029366#utm_campaign=tpp-negative.seesaa.net&utm_source=18029366&utm_medium=social

IWJ_TOKYO1 10/22/11 02:38AM
http://www.ustream.tv/recorded/18029422#utm_campaign=tpp-negative.seesaa.net&utm_source=18029422&utm_medium=social


-----


TPPを断固拒否するデモ 

TPP加入を絶対的に拒否する国民デモの開催情報です。

http://tpp-negative.seesaa.net/

[PR]
by gumintou | 2011-10-25 22:46 | 政治・経済

雨天決行!!本日22日(土)渋谷TPP断固拒否国民デモ、恵比寿公園17時集合!!!

雨天決行!!本日22日(土)渋谷TPP断固拒否国民デモ、恵比寿公園17時集合!!!


 


http://gumin.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-3cd4.html


 



f0081226_11442663.jpg


f0081226_11445066.jpg

[PR]
by gumintou | 2011-10-22 11:44 | 政治・経済

10月22日(土)  東京 渋谷   TPP断固拒否国民デモ挙行します。 TPPを断固拒否するデモ

10月22日(土)  東京 渋谷   TPP断固拒否国民デモ挙行します。 TPPを断固拒否するデモ





無題

2TPP




10・22(土)渋谷 TPP断固拒否国民デモ挙行します。

TPP_WHAT.jpg


急遽準備しました。

チラシはこちらから
 10_22_Anti_TPP_bill.pdf

第2バージョン New! 10_22 antiTPP_bill_2.pdf

10月22日(土) 渋谷にて、TPP参加を絶対的に拒否する意志行動のデモを実施します。

皆様周知のように、野田佳彦首相が、米国オバマ大統領の票稼ぎセレモニーのAPECハワイ会議(1

1・11~12)までに結論出すなどとしています。が、民主党内の、国民生活への奉仕を捨て去った今期

限りの議員らの意見をどのように集約しようが、


それは民意と一切無関係です。


全産業の衰退と国民の困窮を招く、TPP参加断固拒否の、主権者としての民意を表明します。


主義信条、支持政党、人種国籍を問いません。

「TPP断固拒否」の一点につきご賛同いただける方、どなたでもご参加いただけます。


10・22渋谷 TPP断固拒否国民デモ


日時:平成23年10月22日(土) 集合 17:00~  出発 17:30


場所:恵比寿公園 (東京都渋谷区恵比寿西1丁目19-1 JR恵比寿駅西口3分)


地図 http://g.co/maps/etnpd


ルート 恵比寿公園出発~駒沢通り~恵比寿駅通過~明治通り~渋谷駅通過~宮下公園交差点左

~勤労福祉会館交差点右~公園通り~代々木公園園路内解散(約70分)


参加者の創意によるシュプレヒコールや街道への呼びかけをお願いいたします。


<お願い>
・デモ行進にあたって、ヤジを投げられたり、からまれるなどの挑発を受ける場合があっても、決して相

手にならず、平静を保ってください。また、デモに対するいちじるしい挑発や妨害が加えられた場合、警
備の警察官を呼んで、対応を委ねてください。


・撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスク、色メガネなどをご準備くださ

い。

・集合地・恵比寿公園の使用許可は取得していますが、敷地内では一般の公園利用者のご迷惑になら

ないよう、ご配慮をお願いいたします。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

・プラカード、幟など自作の持ち寄りを歓迎いたします。鳴り物、コスプレなど御自由にどうぞ。

・デモ主旨と無関係な主張や宣伝は慎んでください。

(お願い: 誰であれ、一議員を応援するためのデモではありません。さまざまな立場や信条を超

えて、『TPPを拒否するためのデモ』です。ご配慮ください)



・雨天でも実施いたします。

※ 団体にてご参加希望の方は、必須ではありませんが、ご一報いただければ助かります。

大メディアの世論誘導に対抗し、亡国協定TPP回避の道へ進むために、皆様の協働をよろしくお願い

いたします。

10・16新宿 TPP拒否国民デモ

実行責任者 小吹 伸一

Mail: kobukidesu@livedoor.com

℡ :070-5552-8284

TPPを断固拒否するデモ 

TPP加入を絶対的に拒否する国民デモの開催情報です。

http://tpp-negative.seesaa.net/article/231088715.html

--------

10・16新宿 TPP拒否国民デモ 実施報告


10・16新宿 TPP拒否国民デモ ご参加の皆様、たいへんお疲れさまでした。


この日、集合地の柏木公園に集まった人々は、出発時で当方数えで131名。

この日頃、TPP参加を巡っての報道が増えてきており、またネット上でのTPPへの批判や警戒の声も

多く上がっていることから、それなりに多くのデモ参加者が来られるものと予想していましたが、意外と

そうでもなかったというのが正直なところです。


数々のデモがあるため、参加する方々にもデモ疲れが生じているものか、組織動員にあたるものがまっ

たくないためなのか、判然としませんが。


それでも、集合地に集まった方々は、たいへん真剣で、かつ深刻な危機感を抱いてお越しになったもの

と思います。


また、今回、「TPP反対なら主義信条、支持政党、人種国籍不問」と設定したため、かなりさまざまな

方々が集まられたようです。


脱原発デモでよく用いられるドラム持参の方や、日の丸の旗を掲げた方。私にはなじみ深いのですが、

「小沢一郎支持」のカンバンを掲げた方。


今回、準備期間の不足や、おそらくいろいろな方が集うであろうことから、シュプレヒコール等の統一を

図ることはむずかしいと考えていたため、参加者各位の創意や独自性で、思い思いに訴えていただく

形としました。独創シュプレヒコールもよし、演説もいいし、とにかく「TPP反対」の意図さえ伝われば、

てんでんばらばらでも一向構わないと割り切って臨みました。


定刻15時を、わずかに過ぎて出発。


往来の反応は、関心または好意を示すものが、かなり多かったと言えると思います。

じっと見入り、聴き入る人、拍手を送ってくれる人、うなずきながら聞いている人。対向車から、親指を立

て拳を伸ばす人。


私が遭遇した範囲では、デモの主張に嫌悪や反感をあらわに示したという人は皆無でした。


先頭で私、ほか何人かが隊列の各所から、演説風に路上に向かって語りかけ、ほかドラムの方の太鼓

の音に合わせ、リズムを取って「TPP反対 雇用を守れ、農業守れ、産業守れ」など、文言を替えながら

叫んだり、オーソドックスなシュプレヒコールを呼号したり。予想したとおり、あちらこちらがまちまちで、ま

とまっていないと言えばそうなのですが、その寄せ集め丸出しの感じが、わるくはなかったようにも思い

ます。明らかに、特定の団体や組織が、共通の利益を守るためにやっていることではないと、街道から

は見て取れたのではないかと思います。


また、チラシ二種を重ねて路上配布していたのですが、担当したスタッフの方の話では、とてもよく受け

取ってもらえたそうです。用意していた分はほとんど配りきってしまったので、やはり人々の関心が高い

ということなのでしょう


今回、路上からデモに加わった人々がかなりいたことが驚きでした。隊列の最後尾で家内が計数して

いたのですが、デモ協力者からの街頭への呼びかけに応じて、次々に参入してこられたそうです。終着

地の大久保公園に達したとき、215名を数えていました。これは最後尾での数えなので、実数はおそら

くもっといたものと思います。デモの主旨に賛同したからといって、誰でも列に加わってくるわけではな

いであろうことを考え併せると、これは驚くべきことではないかと思います。


デモコース上では、という但しはつきますが、一般の人々の間で、TPP参加問題への関心や危惧が高

まっていること、大新聞等のTPP促進への誘導にもかかわらず、「反対」の人が決して少なくないことを

確信できました。都会の真ん中で実施したので、農業従事者はまずめったに、コース上にはいないわけ

ですから。


解散時のご挨拶で、また近日実施する意向であることを、その場の皆様に伝えたところ、賛同の声を多

くいただきました。

現在その準備を進めていますが、おそらくそれは、10月22日の土曜、渋谷周辺での実施となると思い

ます。


さまざまな形でデモに協賛し盛り上げてくれた、スタッフや協力者の方々に、深く感謝いたします。


お世話になり、ありがとうございました。


この日、動画を中継してくださった方々に御礼申し上げます。ありがとうございました。


10・16新宿 TPP拒否国民デモ

実行責任者 小吹 伸一

Mail: kobukidesu@livedoor.com

℡ :070-5552-8284

----

動画中継


IWJ_TOKYO1 10/16/11 12:10AM PST
http://www.ustream.tv/recorded/17911005


中ちゃんレポート! は録画されました11/10/16 15:22 JST
http://www.ustream.tv/recorded/17911078


-----

TPPを断固拒否するデモ 

TPP加入を絶対的に拒否する国民デモの開催情報です。

http://tpp-negative.seesaa.net/article/230899499.html

[PR]
by gumintou | 2011-10-19 17:58 | 政治・経済

10月16日(日) 東京 新宿  TPP拒否国民デモ  写真

TTP
TPP_Negative_finger-thumbnail2

TPPを断固拒否するデモ 

TPP加入を絶対的に拒否する国民デモの開催情報です


http://tpp-negative.seesaa.net/article/229457085.html

DSC00050

DSC00049

DSC00048

DSC00047

DSC00046

DSC00045

DSC00044

DSC00043

DSC00042

DSC00041

DSC00040

DSC00039

DSC00037

DSC00036

DSC00035

DSC00033

DSC00031

DSC00030

DSC00029
DSC00028

DSC00027

DSC00026

DSC00025

DSC00024

DSC00020

DSC00019

DSC00018

DSC00017

DSC00016

DSC00015

DSC00014

DSC00013

DSC00012

DSC00011

DSC00010

DSC00009

DSC00008

DSC00007

DSC00005

----

TPPは農業問題じゃないヨ!

放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!


原発よりも危険かも!!

だって、日本がTPPに加盟したら…


 〇国民皆保険制度がなくなってしまうかも。盲腸の手術だけで500万円、それが
えない貧乏人は死ぬような社会がやって来る!?


〇日本の食料自給率は39%から13%に下がる。近いうちに必ず世界的な食料危機

が起こるから、突然食料輸入が途絶えて餓死者が出るようなことになるかも。

〇遺伝子組換え食品が蔓延し、そうでない食品を選ぶ自由すら奪われちゃう。


〇牛肉の月齢制限や添加物など食の安全基準が緩くなって、健康への悪影響が心配。




















〇低賃金労働者が外国から入ってくるから
、日本人の給料はますます下がる。職を
われて失業も増えるよ。そのうち外国まで出稼ぎに行かなきゃならなくなるかも。




















〇デフレがますます加速するよ。今まで日本国内で回っていたお金がどんどん海外
流出しちゃうよ。景気はますます悪くなり、日本はどんどん貧しくなるよ。


そして何よりも問題なこと……国民を守るために、国民の代表が決めた法律や制
が、アメリカ企業の都合によって、いくらでも変更してしまえるようになる。
国民
の主権が奪われちゃうよ。民主主義の崩壊だよ。

                   

〇と、いうことはだ……もしも仮に、脱原発運動の成果として、日本で国民投票が
われ「日本はすべての原発を廃炉にし、永遠に原発の新設はしない」と決めたと
よう。でも、もしも日本の原発で儲けてるアメリカの企業が「そんな取り決めは
しからん! わが社の利益に反するじゃないか!」と言ってきたら、そちらの言
分の方が優先されてしまう(もしくは巨額の賠償金を支払わされる)ということ。
つまり、どんなにがんばって市民運動をしたって、あるいは政治家がまともな政治
をしようとしたって、なんの意味もなくなってしまうということだ。



えぇ~、なんでなんで!? そんなのあり得ない! と思ったキミ。

どうか、このホームページをよく読んで。


TPPに加盟したらもう日本は終わり、ってことを、一刻も早く理解してほしい。



http://luna-organic.org/tpp/tpp.html

--------

10月16日(日)マスゴミ新聞の朝刊は「TPPに参加しなくては日本は遅れてしまう」の
嘘キャンペーン一色だ。

NHK朝9時からの政治討論会では、陰謀で経済産業省大臣になった原発ペテン師枝野の詐欺師話法の
大展開。さすがは原発ペテン師枝野は悪徳弁護士で国民をだます弁が立つ。
悪徳弁護士枝野は悪徳弁護士仙谷と同様に、アメリカTPPの代理人である。

NHK朝9時からの政治討論会、悪徳弁護士ならびに原発ペテン師枝野の詭弁大展開が終わると
今度は立ち腐れた御用学者どもの登場だ。さすがはNHKだ。

TPPだましの地平こそ10月16日のマスゴミTPP参加キャンペーンだった。


勇気と尊厳をもった人々は、TPP断固拒否国民デモに参加し、新宿でデモを貫徹した。
TPPを拒否する大きな日本国民運動の一歩が東京新宿で刻印された。

マスゴミ報道のすべてを疑え、疑問から現実への一歩は出発する。

たたかいはこれからだ。行動の時がきている。

そして街頭は全世界へと接続している。

世界の人々を感動させるTPP断固拒否のデモを日本各地で実現しよう!










[PR]
by gumintou | 2011-10-17 02:41 | 生活

10月16日(日) 新宿 TPP拒否国民デモ  参加の皆様へ   TPPを断固拒否するデモ 

map0802
TTP


10・16新宿 TPP拒否国民デモ  参加の皆様へ


http://tpp-negative.seesaa.net/article/230328012.html
TPP_Negative_finger-thumbnail2

10・16新宿 TPP拒否国民デモ 実施いたします。


開催主旨:通行者や地域の方々に、TPPの危険性について警世を行い、また「拒否」の民意を示します。

主義信条、支持政党、人種国籍を問いません。

「TPP断固拒否」の一点につきご賛同いただける方、どなたでもご参加いただけます。


日時:平成23年10月16日(日)集合 14:30 出発 15:00

集合場所:柏木公園 

(東京都新宿区西新宿7-14 JR新宿駅西口・東口より徒歩5~8分、 西武新宿駅より徒歩5分)

地図   印刷用地図

デモコース)柏木公園出発~新都心歩道橋~甲州街道(新宿駅南口前)~明治通り~職安通り~大久保公園に終着・解散 約70分


基本シュプレヒコールは、以下の三点です。

  「TPPはあぶない!」

  「TPPはいけない!」

  「TPPはいらない!」


ほか、参加者の創意によるシュプレヒコールや街道への呼びかけをお願いいたします。

<お願い>

・デモ行進にあたって、ヤジを投げられたり、からまれるなどの挑発を受ける場合があっても、決して相

手にならず、平静を保ってください。また、デモに対するいちじるしい挑発や妨害が加えられた場合、警

備の警察官を呼んで、対応を委ねてください。

・撮影が行われる予定ですので、顔を写されたくない方は、帽子やマスク、色メガネなどをご準備ください。

・集合地・柏木公園の使用許可は取得していますが、敷地内では一般の公園利用者のご迷惑にならな

いよう、ご配慮をお願いいたします。なお、柏木公園内は禁煙です。ご協力お願いいたします。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

・プラカード、幟など自作の持ち寄りを歓迎いたします。鳴り物、コスプレなど御自由にどうぞ。

・デモ主旨と無関係な主張や宣伝は慎んでください。

・雨天でも実施いたします。現在の予報は「雨のち晴れ」です。

※ 団体にてご参加希望の方は、必須ではありませんが、ご一報いただければ助かります。

全国の農業者・漁業者・酪農家らが反対に立ち上がり呼応結集しておられる模様です。

できるだけ広汎な、「TPP拒否・反対」の国民行動の発現が、緊急に求められます。

われわれの生活の全領域を、修復不能なまでに破壊するおそれがきわめて高い亡国協定を、民意にも

とづき拒絶、撃退しましょう。

皆様の御協働をお待ち申し上げます。

10・16新宿 TPP拒否国民デモ

実行責任者 小吹 伸一

Mail: kobukidesu@livedoor.com
℡ :070-5552-8284

http://tpp-negative.seesaa.net/article/230328012.html


[PR]
by gumintou | 2011-10-15 01:06 | 生活

10・09 渋谷  陸山会事件不当判決糾弾デモ  実施報告   小吹伸一氏

10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 実施報告




やや曇りがちでしたが好天に恵まれた挙行となりました。



参加数は当方数えで235名、後で合流した方も若干おられたようですので、概算250名といえると思います。



出発前に、スピーチを、先般あやうく冤罪被害をこうむる経験をされた矢野健一郎氏(記事①
 記事②
)に、また、小沢一郎議員の「戦友」である二見伸明氏
にお願いしました。



また、この日出席のご都合がつかなかったのですが、弁護士の伊東章氏より、11月3日の日刊ゲンダイに掲載されたインタビュー記事
を紹介して欲しいとのご要望をいただいていたため、私から読み上げさせていただきました。



この日出発前にすでに、小ぶりのワゴンの右翼街宣車が集合地公園の前の道路に乗りつけて拡声器でヤジを投げていました。



私から参加者の皆様に「挑発に乗ってやり返したりしないように。アホを相手にしている暇はありません」とお願い事項を声明しておきました。



ほぼ定刻に出発。連休の中日の渋谷は非常に賑わっており、多くの人の耳目に留まったことはまちがいありません。路肩から手を振る人や、ゆきちがう車の車窓から拍手を送ってくれる方々もいて、反応は全般的に好意的であったと思います。

立ち止まってじっと見入っている歩行者もいて、これが気づきの機会を提供しているのなら何よりのことです。



演説とシュプレヒコールを交互に織り交ぜる方法で、デモの主旨を周囲に伝える方法で、担当者は小吹、矢野氏、壺井氏が交代でつとめました。演説の表現は各様ですが、ともに同じく、「これは小沢一郎氏や陸山会事件被告らの身上だけにとどまる問題ではない」ことを強く訴えました。



また、直前に作成した配布用資料(
10-09sibuya.pdf
)を歩道上で、スタッフに配っていただいたのですが、割合によく受け取ってもらえたものの、「小沢? 嫌い!」という拒否反応を示す方も数名いたそうです。



表参道の交差点から原宿方面へ向かう、デモの終盤近くになり、いったん遠ざかった右翼街宣車の諸氏がまたやってきて、口汚いヤジをたてつづけに投げてきました。デモ隊後方では、スタッフが機動し、挑発に乗らないようデモ参加者に伝達して回り、また別のスタッフは、右翼につっかかってゆこうとする参加者を羽交い絞めで抑制したそうです。ご活躍に感謝。



それにしてもこの日の妨害右翼の態度は、悪質にはちがいないのですが、間近で目を見て接した印象では、どうも本物の悪意を抱いてやってきたという感じは受けませんでした。「業務」なのでしょう。ヤジの言葉も、「お前の母ちゃんでべそ」などというしょうもないものが多く、これではデモ隊の側に同情が集まるのが当然で、われわれの株を上げるためにやってきたのかと思われるほどでした。



千代田公園にて終着、解散。妨害にまつわる事案は発生せず、ぶじ終了しました。

ただ、当方の宣伝カーに右翼のワゴンがからんでいたため、デモ隊を先導していた私がそちらの対応に回り、このため休日の人手の中に隊列が散開して、まとまりのない解消になってしまったことが、やや残念でした。



その場に残留していた方々に、今後も妨害は無視黙殺し、いっさい挑発には乗らないこと、ああいう人々も、まともな勤め口がなくて仕方がないのだからとの旨、私からあらためて強調しアナウンスしました。今後とも保たれるよう念願します。



また、この「陸山会事件不当判決糾弾」のデモは、今後も継続します。引き続きの参加を希望する方も多く、国民の社会的良心を触発する大問題であることを認識しました。



この日の中継動画は、以下からご覧いただけます。記録を残してくださったことに深く感謝いたします。





10・09 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ

http://www.ustream.tv/recorded/17768050










IWJ_TOKYO1 10/08/11 10:57PM

http://www.ustream.tv/recorded/17767915




また、写真・記事もネット上に公開されました。参加者の方々の自作カンバンやプラカードがご覧いただけます。



本日、10月9日(日)  東京 渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ  写真

http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/492.html






10月9日(日) 陸山会事件 不当判決糾弾デモ 東京渋谷 【写真57枚】

http://demonstrasi.blog.fc2.com/blog-entry-24.html




「マスコミが騒ぐから裁かなきゃならない」 陸山会事件判決に抗議デモhttp://tanakaryusaku.jp/2011/10/0003007




今後のデモ等開催情報は当ウェブサイトにて更新公開してまいります。



陸山会事件一審の判決の不当性をさらに強く糾弾し、冤罪による政治弾圧の再発を防止するための公論の助勢につとめる所存です。

賛同の皆様の御協働に至心より感謝いたします。



10・09渋谷 陸山会事件不当判決糾弾デモ 

実行責任者 小吹 伸一



Mail: damned-judges@goo.jp

℡ : 070-5552-8284



http://wrongly-convicted.seesaa.net/article/229853663.html


陸山会事件 不当判決糾弾デモ 東京


東京地裁による陸山会事件一審判決に抗議します。



[PR]
by gumintou | 2011-10-11 19:32 | 小沢一郎

10・8 大坂御堂筋小沢一郎復権支援デモ   実況中継  新党市民 藤島利久氏

 


10・8 大坂御堂筋小沢一郎復権支援デモ   実況中継  新党市民 藤島利久氏


http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/435.html



-----
[PR]
by gumintou | 2011-10-08 14:13 | 小沢一郎

本日始まった小沢公判  罪状認否・意見陳述全文をお届けします  ラ・ターシュに魅せられて

ラ・ターシュに魅せられて


http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-483.html


 


この裁判はな・・検察・法務官僚含めた官僚組織との・・全面戦争なんだよ! オレは一歩も引く気無いからな・・小沢一郎



本日は、エントリーアップする予定は無かったのですが・・
あまりに素晴らしい宣戦布告を目の当たりにし・・
まだご覧になっていない皆さんも多いだろう・・
ということで・・(笑)
本日始まった小沢公判の
罪状認否・意見陳述全文をお届けします。


チカラが沸いてきますから・・(笑)
全文一気にお読みください!


 



-----------------------------------------------------------------------------



今、指定弁護士が話されたような事実はありません。
裁判長のお許しをいただき、ただいまの指定弁護士の主張に対し、私の主張を申し上げます。
指定弁護士の主張は、検察の不当・違法な捜査で得られた供述調書を唯一の根拠にした
検察審査会の誤った判断に基づくに過ぎず、この裁判は直ちに打ち切るべきです。


百歩譲って裁判を続けるにしても私が罪に問われる理由はまったくありません。
なぜなら、本件では間違った記載をした事実はなく、
政治資金規正法の言う虚偽記載には当たりませんし、
ましてや私が虚偽記載について共謀したことは断じてないからです。


また本件の捜査段階における検察の対応は、
主権者である国民から何の負託も受けていない一捜査機関が、
特定の意図により国家権力を乱用し、議会制民主主義を踏みにじったという意味において、
日本憲政史上の一大汚点として後世に残るものであります。


以下にその理由を申し上げます。
そもそも政治資金規正法は、収支報告書に間違いがあったり、不適切な記載があった場合、
みずから発見したものであれ、マスコミ、他党など第三者から指摘されたものであれ、
その政治団体の会計責任者が総務省あるいは都道府県選管に
自主申告して収支報告書を訂正することが大原則であります。


贈収賄、脱税、横領など実質的犯罪を伴わないものについて、
検察や警察が報告の間違いや不適切な記載を理由に捜査すると、
議会制民主主義を担保する自由な政治活動を阻害する可能性があり、
ひいては国民の主権を侵害するおそれがある。


だからこそ政治資金規正法が制定されて以来、
何百件、何千件と数え切れないほどの報告間違いや不適切な記載があっても
実質的犯罪を伴わないものは検察の言う単純な虚偽記載も含めて例外なく、
すべて収支報告書を訂正することで処理されてきました。
陸山会の事件が立件されたあとも、今もそのような処理で済まされています。
それにも関わらず唯一私と私の資金管理団体、政治団体、政党支部だけが
おととし3月以来1年余りにわたり、
実質的犯罪を犯したという証拠は何もないのに
東京地検特捜部によって強制捜査を受けたのであります。


もちろん、私は収賄、脱税、背任、横領などの実質的犯罪はまったく行っていません。
なぜ私のケースだけが単純な虚偽記載の疑いで何の説明もなく、
突然現行法の精神と原則を無視して強制捜査を受けなければならないのか。
これではとうてい公正で厳正な法の執行とは言えません。
したがってこの事例においては、
少なくとも実質的犯罪はないと判明した時点で捜査を終結すべきだったと思います。
それなのに、おととし春の西松事件による強制捜査、
昨年初めの陸山会事件による強制捜査など、
延々と捜査を続けたのは、明らかに常軌を逸しています。
この捜査は
まさに検察という国家権力機関が
政治家・小沢一郎個人を標的に行ったものとしか考えようがありません。


私を政治的・社会的に抹殺するのが目的だったと推認できますが、
明確な犯罪事実、その根拠が何もないにもかかわらず、
特定の政治家を対象に強制捜査を行ったことは、明白な国家権力の乱用であり、
民主主義国家、法治国家では到底許されない暴力行為であります。


オランダ人ジャーナリスト、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、
近著「誰が小沢一郎を殺すのか?」で
「小沢一郎に対する強力かつ長期的なキャラクター・アサシネーション、『人物破壊』は、政治的に類を見ない」
と言っています。
「人物破壊」とは、その人物の評価を徹底的に破壊することで、
表舞台から永久に抹殺する社会的暗殺であり、
生命を奪う殺人以上に残虐な暴力だと思います。
それ以上に、本件で特に許せないのは、
国民から何も負託されていない検察・法務官僚が土足で議会制民主主義を踏みにじり、
それを破壊し、公然と国民の主権を冒とく、侵害したことであります。


おととしの総選挙の直前に、証拠もないのに
検察当局は捜査・逮捕権という国家権力を乱用して、私を狙って強制捜査を開始したのであります。
衆議院総選挙は、国民がみずから主権を行使して、
直接、政権を選択することのできる唯一の機会にほかなりません。
とりわけ、2年前の総選挙は、各種世論調査でも
戦後半世紀ぶりの本格的な政権交代が十分に予想された特別なものでありました。
そのようなときに、総選挙の行方を左右しかねない権力の行使が許されるとするならば、
日本はもはや民主主義国家とは言えません。


議会制民主主義とは、
主権者である国民に選ばれた代表者たる政治家が自由な意思により、
その良心と良識に基づいて、国民の負託に応え、国民に奉仕する政治であります。


国家権力介入を恐れて、
常に官憲の鼻息をうかがわなければならない政治は、もはや民主主義ではありません。


日本は戦前、行政官僚、軍部官僚検察・警察官僚が結託し、
財界、マスコミを巻き込んで、国家権力を乱用し、政党政治を破壊しました。
その結果は、無謀な戦争への突入と悲惨な敗戦という悲劇でした。
昭和史の教訓を忘れて今のような権力の乱用を許すならば、
日本は必ず同様の過ちを繰り返すに違いありません。


東日本大震災からの復興はいまだに本格化できず、
東京電力福島第一原子力発電所の事故は安全な収束への目途すら立たず、
加えて欧米の金融・財政危機による世界恐慌の恐れが目前に迫ってきている時に、
これ以上政治の混迷が深まれば、
国民の不安と不満が遠からず爆発して偏狭なナショナリズムやテロリズムが台頭し、
社会の混乱は一層深まり、日本の将来は暗たんたるものになってしまいます。


そうした悲劇を回避するためには、
まず国家権力の乱用を止め、政党政治への国民の信頼を取り戻し、
真の民主主義、議会制民主主義を確立する以外に方法はありません。


まだ間に合う、私はそう思います。


裁判長はじめ裁判官の皆様の見識あるご判断をお願い申し上げ私の陳述を終えます。
ありがとうございました。



-------------------------------------------------------------------------



やっぱり・・
小沢一郎という政治家は・・
まったくブレませんねぇ・・。


---


ラ・ターシュに魅せられて


http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-483.html


 


 


[PR]
by gumintou | 2011-10-06 19:19 | 小沢一郎

「10月9日(日)  渋谷  陸山会事件不当判決糾弾デモ  時刻ほか詳細」    実行委員会

f0081226_1042499.jpg


「10月9日(日)  渋谷  陸山会事件不当判決糾弾デモ  時刻ほか詳細」    実行委員会
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/342.html
[PR]
by gumintou | 2011-10-06 10:44 | 小沢一郎


混沌から


by gumintou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あなたもおらも猫の手をかりてブログ、懸賞小説にどんどん応募するべよ。賞をねらって賞金かせぐべよ。小説運動、小説主体、ネタはあなたの生活にあります。自分の実生活から小説応募にアタック!

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧