小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (26)

 読み終えて、映像と表層・最後の人間とは一九九二年十一月に書かれたこの怪文書のよ
うに二十一世紀の九月に登場したのだと竹中平蔵は思った。それが911同時多発テロだ
った。ニューヨーク国際貿易センターのツイン摩天楼に飛行機が激突した。ワシントンD
Cのペンタゴンに飛行機は激突した。合計三機の飛行機が激突し四機目の飛行機が打ち落
とされた。いったい911とは何であったのか? 真相は解明されていない。全世界は米
国大統領府が宣言したようにイスラム過激派のビンラディンとアルカイダによる犯行であ
ると刷り込まれた。情報管理とコントロールの下に棲息するのが二十一世紀のあり方だっ
た。竹中平蔵はアメリカ合衆国が恐ろしい国であることを知覚していた。アメリカ合衆国
には軍産複合体による闇の政府が存在する。この闇の政府には誰も逆らえなかった。日本
が二十一世紀に生存する道はアメリカ合衆国と合体するしかないと竹中平蔵は確信してい
た。

 国家生活党の政策である反米国際協働路線の熊野機構などを推進すれば、「ならず者国
家」として規定され、米軍とイギリス軍を主軸にした国際社会の多国籍軍によって日本が
イラクのように壊滅され無政府状態にされてしまうだろう。全世界を無政府状態にするこ
とに米国大領府の「民主化」路線であることは間違いないと竹中平蔵は思っていた。日本
が生存する道は米国大統領府による日本への「年次改革要望書」を忠実に実現していくし
なかった。

 日本は米国財政を支える労働力国家として生存するしなないと竹中平蔵は確信していた。
合衆国統一党の長期政策こそが二十一世紀日本の大道であり、人間的あまりに人間的な指
針であると竹中平蔵は思った。国家生活党の「日本全国民はヒューマノイドへの転換によ
って二十一世紀を生存できる」などは非人間への道であり、世界経済をヒューマノイド経
済へと積極的に変貌させる国家生活党の世界戦略など、自分が人間であると信頼している
人類社会が容赦するはずがなかった。この地球社会を支配している人間的な西欧文明に反
抗し、非人間への脱皮を図る国家生活党の長期政策は非現実的な夢想であると竹中平蔵は
思っていた。国家生活党大会を爆破し、一瞬において彼らを消却するのは人類の正義だっ
た。ゴールドマン・セックス会長はまだ密室の謀議ルームにやって来ない。おれはいつま
で待たされるのだろうと竹中平蔵はまたしても不安になった。

 【映像と表層・最後の人間 世界同時基調色の現在と今後の予測】をカバンにしまい、
竹中平蔵は次に読むべき怪文書を取り出した。

【六芒星は、上昇▽は天を、下降△は地を表示するシンボル】

 ピラミッドは天ではなく地を表示していた。ユダヤ教のエネルギー母胎とは地である。
ユダヤ教は五千年の歴史と対話し、古代からの智恵を集積している。ゆえに天才を現出さ
せるシステムが起動している。さらには、神官がさまざまな帝国興亡を記録してきた。帝
国興亡とは人間の欲望と死。人間ばなれした非人間の冷徹なリアリズムこそユダヤ教の宇
宙唯一の孤独存在である666。二千年年くらいの歴史しかない「天」を表示するキリス
ト教からはユダヤ教を理解することはできない。人間は「天」に住んでいるのではなく
「地」に住んでいる。「天」と「地」をシンクロとして表示する六芒星は、時間を刻印し
ている。

 666はまさに謙虚なアジアが世界戦争に参入すべく挑発を仕掛けている。パキスタン
により、インドが挑発される。そして中国も中央アジアと東アジアの両面から挑発される。
中国内陸において暴動が勃発する。これが引きがねになり「街頭は世界へと接続している」
暴動事態が世界事象として世界各地に現出する。「中国の街頭広場から世界の街頭は怒涛
へと伝播する」この格言が反復する。

 東欧共産主義政権はなだれをうって崩壊していった。「巨万民衆が街頭へと」押し寄せ
るた一九八九年事態の反復こそ街頭の意味。666は世界各地における無政府主義情況の
創出を仕込んでいる。韓国も街頭から無政府主義へと叩き落とされる。

 ネオコン(イスラエル=キリスト原理主義)が911からアフガニスタン侵略戦争そし
てイラク侵略戦争を起動させましたのは、無政府主義の創出。彼らはハルマゲドンの早期
到来を望んでいる。ハルマゲドンの到来のためには、アメリカ合衆国を潰しても「大イス
ラエル」の建国が、なににおいても優先される。

 アメリカ合衆国それ自体の政治・経済・社会を崩壊させる戦略目標はすでに「静かなる
沈黙の兵器」におきまして、プログラムが開示されている。そこにおいて個人はどう生き
延びるのか?これが現在の思想的課題。

 個人が生存するためには世界支配構造の「奥の院」を洞察する必要がある。快適生活に
洗脳された人間ではなく不快の動物であっても、動物的感覚で古代からの「奥の院」生成
を洞察する。おのれが生存するこの世界への危機感が皆無な動物は、危険な獣道を回避す
ることはできない。911以前の世界と以後の世界は全く仕様が違うシステムプログラム
が起動し展開されている。

 日本とはすでに国際金融経済システムにおいて「地域」範囲である。フランスやドイツ
・イタリアがEU経済の地域であるように「民族国家」それ自体の枠はすでに解体されて
いる。666は何故、巨万の民衆を扇動して東欧・ソ連共産主義政権を覆したのか。それ
は国家を解体するためであった。グロバール金融動物が支配するプログラムへと世界を再
編するため。

 666が中国の走資共産主義政権を解体しなかったのは、ただひとつの理由。十億人の
中国を統制できるのは古代以来、強力な独裁政権のみ。広大な中国を統制するためには九
十%のエネルギーを使う必要がある。民主主義政権などでは統治できない。

 ロシアにおいても、無名のプーチンを666が政権につかせたのは、広大なロシアを統
制するためには、治安弾圧のプロこそふさわしいと666が再学習したからです。ロシア
も独裁政権でないと統治できない。民主主義政権では失敗してしまう。

 つまり666が仕込んだ一九八九年以後の世界における国家とは、その地域を管理する
ためにある。中国共産党政権もプーチン政権も666から地域管理を委託されている。
 それは自民党政権も同様。日本地域の管理を委託され、自民党は「日本売却」を666
戦略の指示通り、推進している。666の期待通り「靖国参拝」などで、東アジアに緊張
を創出させている。
[PR]
# by gumintou | 2006-09-09 02:42 | 小はん殺し結城純一郎

小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (27)

「国家」とはインターナショナル666の支部機関。ゆえに日本とは国家ではなく個人に
おいてしか存在しない。「日本を思う」その思いの内在にしか存在していない。すでに日
本とは古代からの神社・仏閣・そして個人の「思いのエネルギー」にしか存在していない。
 666が911体制プログラムとして起動させたのは、個人におきます「共同体想念」
を徹底して破壊・壊滅すること。共同体の根絶やし。

 666は近代前の「ドイツ(農民)戦争=カトリックとプロテスタントの宗教戦争」に
おいてもひとつの村を根絶やしにする実験をしている。

 人類ひとりひとりを自然史たる共同体から引き剥がし、根無し草にする。デラシネこそ
666の奴隷として成就される。グロバール国際金融動物が求めている奴隷とは孤立した
人類。おのれの家族史と共同体史から漂流した人間である。

 ネオコンのイラク戦争におけるプログラムは中東を無政府主義にすることであった。敵
はフセインではなく、イラクの行政機構だった。無政府主義を形成し、そこには殺し屋で
ある狙撃手、民間軍事(派遣軍隊)会社、警備会社、などが活躍する戦争の現場を創出さ
せた。CIA・イギリスM機関、モサドが自由に暗躍できる現場へと生成された。さらに
モサドは次々と技術者・知識人を暗殺している。無政府主義を固定化させるために、スン
ニ派とシーア派による宗教内戦。クルドの自立。イラクでは666がユーゴスラビア解体
で成功した民族と宗教による内戦の延長線上で宗派戦争が強激烈化。地域内戦の非連続と
連続による反復。国家解体による無政府主義の現出。

 世界は戦争が日常となったイスラエルに同期化させられている。アメリカ合衆国
は911によって戦争が日常となったイスラエルと同期化され、その同期化を世界に転化
している。シンクロ同調の二十一世紀無政府主義戦略。これが米国大統領府の「世界を民
主化」する長期戦争戦略。国際社会とはイスラエルの日常にシンクロしていく社会。
 グローバル資本主義への世界再編を仕込み、巨万の大衆を街頭に現出。東欧・ソ連共産
主義独裁政権を打倒した一九八九年の反復。世界各地を無政府主義に叩きこみそこから新
たなる666インターナショナルを生成。そのインターナショナルとは戦争が日常となっ
た戦争社会主義である。

 トロッキストからネオコンへと上昇し、アメリカ合衆国国家機構を内部から奪還し、イ
スラエル=アメリカ合衆国を形成した世界革命の序曲は終了し、第1幕が切って落とされ
ました。それが911の意味です。現在とは666戦争世界革命の激流にある。

 666の起源を、執拗に迫っていくことは動物が動物として生きぬくための方法。工作
としてのCIA=イギリスM機関=モサド。

 しかしながらイラクには共同体を死守するパルチザンも現有する。イラクは現在、世界
の先端である。共同体死守とパルチザンは共同体と個人が根絶やしにされるのか、それと
も生存していけるのか……根源を世界に問いかけている。666戦争社会主義インターナ
ショナルを帝国のプレゼンスにおいて仕掛けるブッシュとプーチンを動物はただ洞察する。
「911世界テロ戦争」の山には、666によって仕掛けられた罠がある獣道ばかり。動
物はおのれの臭覚をたよりに回避するしか、生き延びる方法がない。

 次に666インターナショナルが仕込んでいる「911世界テロ戦争」と「キリスト教
と共産主義」をまさぐってみたい。

 考察とは手と指でタイピングしながら文字を形にしながら、あるスペースを生成するこ
とである。指から手そして腕、肩、心臓へ、身体の器にある真水こそが波を振動させなが
ら考察していく。頭脳は身体思考バランスの制御装置。

 日本は草木に神が宿るとする言霊との応答による直感身体考察が原基。ユダヤは数に神
が宿る数霊との応答によるパズル身体考察が原基である。ユダヤ的霊性とは数理にあり、
脳天には数が埋めこまれている。ゆえにユダヤ人は銀行家・国際金融家・数学者・科学者
政商家の天才を輩出してきた。

 現在アメリカUSAの権力機構を握っているのは、ユダヤ的霊性としての「数」である。
数学者があらゆる権力機構内部に浸透している。「おれおれ詐欺」の旧約聖書とは数の暗
号によって構築されている。あの巨大なピラミッドを創造したエジプト神官レビ族「サン
ヘドリン」あの巨大なピラミッドを創造したエジプト石職人組合「フリーメーソン」突然、
ハザール国家を自己消却し、ヨーロッパ・ロシア内部侵略に向かった「イルミナティ」
 イギリス清教徒革命、アメリカ革命(独立戦争)、フランス革命そして明治維新革命、
ロシア革命。666インターネショナルとは世界革命。革命こそが666が仕込んだ近代
であった。666の戦略はネオコンの元祖であるトロツキーに現出している。
「永久革命」「世界同時革命」「世界合衆国建設」近代とは666のワン・ワールドたる
単一世界政府建設への道標。ロシア革命も中国革命も近代制度を浸透させるために666
が仕込んだ。明治維新もしかり。

 農業生産仕様に産業の基軸を置く国家から工業生産に基軸を置く近代的工場制度へ。ロ
シア皇帝の制度では近代化が無理と666が判断したゆえのロシア革命。レーニンは他党
派を壊滅し、ソ連を構築、継承したスターリンは「民族の牢獄」を形成し、現在の旧ソ連
邦混乱の要因である民族内戦の原基を作り出した。

「クラーク(富農)撲滅」により、農民から富を収奪し、工業建設に資金投下。農民から
土地を収奪し、「集団農業制」の工場制度へと転位させる。それまでの共同体を壊滅し、
民族を強制的に移動配置転換させた。これらの行政思想は近代的合理主義の極地であった。
生産性効率至上主義。

 マルクス・エンゲルス・レーニン。何故、共産主義思想が誕生したのか。共産主義の最
終目標は全世界を共産主義にして、世界共産主義連邦を建設することだった。ワン・ワー
ルド単一世界政府。キリスト教においても「神の国」の建設。キリストが復活し地上と人
類の王となる。ワン・ワールド。つまり共産主義とキリスト教の最終理想はシンクロ同調
している。「神の国」はローマ帝国没落期に書かれたキリスト教の書物。

 ワン・ワールド単一世界政府において人類は幸福になれる。この理想の植え付きは古代
から中世においてはキリスト教。そして近代のあけぼのにおいては共産主義。理想という
夢をみさせ、そこに一切の情熱を注ぎ込ませる。

 古代ローマ帝国においては、地下人たる奴隷に普及。近代のあけぼのにおいては、地下
人たる賃金奴隷に普及。労働力奴隷は何故、キリスト教と共産主義におのれの世界の問題
解決を委託したのか。奴隷から解放を受託されたキリスト教と共産主義とは……

 666が仕込んだ。キリスト教を組織したパウロは「サンヘドリン」の指令によりキリ
スト教の原基を形成した。やがてローマ帝国はローマ教皇の私有化へと変質させられた。
キリスト教とは「おれおれ詐欺」である旧約聖書を世界化するための肉体であった。
「聖書に帰れ」とする宗教改革、カトリックとプロテスタントによる宗教戦争こそ旧約聖
書をさらに強度にするための生贄。憎悪と民族浄化を煽る旧約聖書の666は、戦争と生
贄を要求する。

 血に飢え狂気にかられたキリスト教の伝導師は侵略軍の先頭にたってアフリカ大陸を破
壊し、奴隷を売る「死の商人」として、みごとにアフリカ共同体を破壊した。そして宣教
をアフリカ大陸で開始。

 南アメリカ大陸、中央アメリカ大陸、北アメリカ大陸。文明破壊は兵士よりも宣教師の
ほうが血に飢えていた。彼の戦争目的はキリスト教を世界化するためであった。キリスト
教が世界化すれば、シンクロ同調として「おれおれ詐欺」旧約聖書が世界化する。666
は大航海時代を得て、世界侵略を仕掛け、キリスト教によって、世界円環を形成した。
「サンヘドリン」の勝利である。

 ピラミッドを石積み職人として構築した、技術者同盟「フリーメーソン」はローマ帝国
の建設職人として、重宝されていた。ローマ帝国滅亡後も、教皇が支配する神聖ローマ帝
国各地の王にフリーメーソンは重宝されヨーロッパ都市における石文明建築を手がけた。
「ハザール」を自己消却し、ヨーロッパ・ロシアの内部侵略に乗りこんだ「イルミナティ」
はキリスト教ではなく、「哲学」において戦争を仕込む。イデオロギー戦争である。壮絶
なカトリックとプロテスタントの宗教戦争において、いくつもの共同体が壊滅したドイツ。
宗教戦争の惨禍、宗教に絶望し幻滅したドイツの人々は、思想に向かう。こうしてドイツ
観念哲学の土壌が形成された。ヘーゲル哲学の誕生である。

 ヘーゲル哲学が「おれおれ詐欺」の旧約聖書であるとするなら、今度は新約聖書を創設
する必要がある。「イルミナティ」はそれをマルクスとエンゲルスに書かせる。新約聖書
たる「共産党宣言」はこうして誕生した。世界化する第二のキリスト教である。マルクス
共産主義はこうして、世界の賃金奴隷の精神を支配していくバイブルとなった。

 レーニンはキリスト教を組織したパウロだった。彼はロシア革命を成功させマルクス主
義という新約聖書を世界化した。何故、マルクス主義という新約聖書の世界化が必要であ
ったのかは、近代化のためである。ロシアも中国も革命によって、地主制度を解体し、近
代化できたのである。人間を土地から引き剥がしてこそ、666は人類を支配できる。

 日本でも占領軍が最初に手がけたのは農地解放だった。近代的工場制度の整備のためで
あり、なにもかも二十一世紀国際金融グローバルのためのプログラムだった。

 一九八九年、東欧共産主義政権を崩壊させ、その後ソ連共産主義政権を崩壊させたのは
マルクス主義という新約聖書の役目が終了したからである。666は「イラン革命」の成
功から次なる世界戦争は、またふたたび宗教戦争に転換しようとプログラムをつくった。
第3の新約聖書たる「イスラム原理主義」プログラムが誕生した。

 次は、666旧約聖書からキリスト教へと継承した唯「数」的弁証法の考察をしてみよ
う。唯「数」的弁証法と史的唯「数」論こそプログラムの原基である。「物」とは「数」
生成とパズル組み合わせによるデータなのだろうか……物象とはデータプログラムなのだ
ろうか……

 911とはプログラムによる物象化。どこまで「おれおれ詐欺」が普遍化するかの実験
でもあった。近代の頂点、資本主義の頂点、アメリカUSAを帝国主体が自ら自壊させる
というプログラムの暴走実験であり、社会オートメーション・システム(沈黙の兵器)起
動だった。911は数学的なテロ戦争。そこにおける「おれおれ詐欺」の主軸は旧約聖書
からの完成でもある。

 911当日、ブッシュは小学校で朗読、その後、小学生と先生を背景に記者会見。民衆
を救済するブッシュ=キリストの構図絵こそ、ネオコンは必要だった。ブッシュはおのれ
が世界を救済するキリストにシンクロ同調させた。人類と人間はこの911プログラムを
洞察し、911プログラムの外から911プログラム全体を暴露できるかどうかの批判能
力の現有が試されている。

 911が「アルカイダ」によるテロであると洗脳されている六十億の人間。911とは
ブッシュとネオコンが自ら実行した「世界テロ戦争」の起動であると、見破り911プロ
グラムの外から911プログラムを暴露している少数人間。

 第1次世界大戦、第2次世界大戦を予告し、第三次世界大戦までもプログラムしている
「数の予言」とは何か。ネオコンによる911は「静かなる沈黙の兵器」のプログラムに
よるアメリカ合衆国社会への先制攻撃であった。帝国社会を超管理・戦時体制へ強制的に
転位させる事変こそ911だった。世界侵略戦争を推進する帝国社会内部に自由はない。
市民は超管理コントロールの下で恐怖・戦慄・畏怖が隣り合わせになった日常生活へと落
下させられていく。市民の日常は戦争が日常となったイスラエルに同期化する。イラク戦
争とはアメリカ合衆国社会への「恐怖と畏怖」作戦であった。「沈黙の兵器」が実現プロ
グラムとして、現在、制度化・体制化されていることは驚嘆である。

 すでにホワイトハウス大統領府執行人は、全メンバーが多国籍投資軍産複合企業身体だ
から第一優先事項は、国家維持ではなく、おのれの企業体である。彼ら大統領府執行委員
会にとってアメリカ合衆国とはおのれの増益をめぐる収奪の対象である。アメリカ資本主
義と国際資本主義の集合的経営の利潤追求と富の増幅こそ米国大統領府の正義である。

 666聖書の驚嘆すべき事象は、現在が過去の時間においてプログラム起動されている
こと。予言ではなく確実性をもったプログラム作動。「時間と事象はプログラム通りに実
現される」これほどの驚嘆はない。この現実を受け入れるならば、これまで教えられてき
た「時間は過去から未来に流れている」昨日から今日、今日から明日への時間感覚が崩壊
してしまう。時間はプログラムされた未来から過去へと流れているのである。

 第三次世界大戦の実現に向けたイスラエル=アメリカUSA対イスラムの全体戦争が進
行している。666は計画的に憎悪の応酬を扇動している。ブッシュとネオコンは「沈黙
の兵器」プログラム通りにアメリカ合衆国を壊滅せんと動いている。

 666プログラムが簡単明瞭に実現化されてきている、この世界事象はあまりにシンプ
ルて単純なプルグラムだが、666が仕掛けた多様な解釈によって、われわれはすでに複
雑に思考するように洗脳されている。目潰しライトによってあるがままに見ることは出来
なくなっている。666は多様な解釈を現在も日々生産している。

 言説とは言語による思考であるがユダヤ的霊性は「数」によって思考する。数生成によ
る数学的プログラム思考である。旧約聖書から新着聖書のプログラム、その最終にはヨハ
ネ黙示録。最終プログラムの誘惑としてのハルマゲドン。

 この世界には、われわれの時間意識とは全く別仕様の時間が現有している。666プロ
グラム通りに、世界史が実現されていく、単一時間。「そんなはずはない」とわれわれの
時間意識は了解できない。「沈黙の兵器」プログラム批判が社会批評の場所にテキストと
して出現できない理由がここにある。メディアはすでに666の支配下にある。

 666の数学的構築力はすでに古代エジプトのピラミッド建設で証明されている。66
6神学とは文学ではなく数学によって形成されていることは間違いない。△の▽の時間軸
が一体化される。「わたしはアルファであり、オメガである。最初の者であり、最後の者
である。初めであり、終わりである」

 ヨハネ黙示録はきわめて「数」が登場する数学的な終末感。つねに新約聖書の最後を結
語として締めくくるヨハネ黙示録はキリスト教の「千年王国到来」を予知し、キリスト教
者の「救済」となっている。ここに全世界二十億人のキリスト教者が「数学」によって精
神構造が規定されている実現論があらわになる。「△の▽の時間軸」は、時間を下降し上
昇することができる、恐るべき能力であるのか。

 現実を把握する時間意識は666の歴史観を具現化したマルクスの史的唯「数」論にあ
らわれている。「論理は時間を下降し、その地点から上昇を開始する、そして現在に戻る」
「現在に戻ったとき、現実を把握する概念が誕生する」概念とはタイムマシンの円環であ
る論理はそれ事態が「わたし(人類史)はアルファであり、オメガである。最初の者であ
り、最後の者である。初めであり、終わりである」この時間軸を言語によって生成させる。

 666は人類史なるものを仕込み仕掛けてきた自信があるからこそおのれが起動
するプログラムを実現してきたのである。プログラムが起動するためには、ベーシック・
プログラムによって人類は規定されている必要がある。

 ベーシック(基礎)プログラムこそ、キリスト教でありマルクス主義の世界化であった。
奴隷はキリスト教「新約聖書」よって基礎プログラムがインストロールされ賃金奴隷はマ
ルクス・エンゲルス「共産党宣言」によって基礎プログラムがインストロールされた。イ
ンストロールされたのは「数」の観念。

 奴隷にとってキリスト教はおのれの世界をわかりやすく説明できるオルグナイザー。賃
金奴隷にとってマルクス主義はおのれの世界をわかりやすく説明できるオルグナイザーだ
った。階級的憎悪心のエネルギーは「ワン・ワールド」へ向かう救済となった。

 近代とは「数」整合と合理による思想。「数」を支配した者は地上を支配する。ゆえに
国際金融家は全世界を支配し、コントロールしている。国際金融家にとって国家とはすで
に残骸であり彼らにとって国家とは管理装置であり、収奪装置である。

 何故、近代世界の円環を形成したのがキリスト教ヨーロッパであったのか。何故、近代
の世界化を促進したマルクス共産主義はヨーロッパに誕生したのか。666は西ローマ帝
国を解体し、キリスト教の王であるローマ教皇が支配する神聖ローマ帝国へ置換。666
は東ローマ帝国からギリシア正教を形成。
[PR]
# by gumintou | 2006-09-09 02:39 | 小はん殺し結城純一郎

小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (28)

 人類史とは666の実験場なのか。人類とはプログラムなのか。人間とはプログラムな
のか。プログラムの設計図それが666聖書なのか。666の計画とは何なのか。プログ
ラム「沈黙の兵器」への社会批評がないのは何故なのか。プログラムへの批評はプログラ
ムの外へ出ることなのか。プログラムがプログラム起動時間に疑問を持ち批評しては、プ
ログラムが暴走してしまうのだろうか。プログラムの枠組が国際インターナショナルなの
であろうか。ナショナルを壊滅するための近代プログラムであったのだろうか。プログラ
ムとは世界革命でありキリスト教と共産主義は世界革命であった。

 キリスト教がローマ帝国の帝国宗教として成立したのは、殉教。殉教者こそが、プログ
ラムを強度にしてきた。共産主義運動においても革命運動における殉死者こそが、よりプ
ログラムを強度にしてきた。プログラムの内部と内面は殉教者と犠牲によってこそ強烈度
を高めてきた。「理想のための死」こそ奴隷と賃金奴隷の情熱を決起させてきた。

 現在においては、「イスラム原理主義」によるジハードである。イスラエル=アメリカ
合衆国帝国軍への自爆こそ、おのれの理想への道標であるとする殉死はプログラムを強度
化する。ユダヤ対イスラムによる第三次世界大戦、ハルマゲドンへのプログラムである。
 二十一世紀現在までヨハネ黙示録プログラムが貫徹されているのは何か。ローマ帝国内
の奴隷のごとく、抑圧と貧困と無権利停滞こそが、その奴隷による宗教運動こそがヨーロ
ッパをローマ帝国に変わるキリスト教神聖ローマ帝国を樹立した。

 ユダヤ人への差別と迫害こそが、古代から現代まで貫徹しているプログラムを強烈度に
してきたヨーロッパキリスト教国家権力によるユダヤ人迫害は、ますますユダヤ人におき
ます原理主義を強め宗教的憎悪心を深化させた。

 ヨーロッパ人の出自が蛮族であることを、神官レビ族「サンヘドリン」は記録していた。
その蛮族にギリシア文明やローマ文明そしてイスラム文明の豊饒な遺産情報を伝達したの
がユダヤ人であったのにもかかわらず、ヨーロッパはユダヤ人が「おのれの出自の秘密を
知る人間」として恐れ、ユダヤ人をゲットーに囲みこみ、または追放した。

 ユダヤ教におけるヨーロッパ・キリスト教への憎悪と復讐は、われわれの想像レベルを
超えている。ゆえに二十世紀になりヨーロッパが戦場となった第1次世界大戦、第2次世
界大戦を仕込み仕掛けたのである。

 近代化に貢献し、今や用済みとなったマルクス共産主義も国家権力との弾圧と虐殺、そ
こにおける政治警察や他党派との死闘によって、プログラムは強化され二十世紀において
世界化された。マルクスがプログラムの担い手は賃金奴隷である、そう戦闘宣言を発した
ように地下人こそがプログラムを死闘として貫徹し、強烈度にしてきたのである。マルク
スの破壊目標は封建地主貴族制度であった。ゆえに資本主義工場制度が世界市場から遅れ
ていたロシアと中国に革命は成立したのである。

 666にとって高度に発達した資本主義国は、制度それ自体が工場制度として近代化さ
れていたからマルクス共産主義革命は無必要だった。高度資本主義国におきましては労働
運動が近代化を推進していった。

「賃金奴隷に国境はない」その国際主義こそマルクス共産主義の成果である。しかしなが
らマルクス共産主義はつねに民族主義根幹を立ちあげる。日本においても、戦前の民族主
義運動は、戦後、マルクス共産主義者へと転位していった。反米反基地運動、日米安保粉
砕闘争、農民闘争を一貫として強靭に推進してきたのはマルクス共産主義者だった。日本
民族運動は左翼が担っていたのである。右翼の民族主義運動は思想運動の領域に過ぎず、
何ら、賃金奴隷や農民とのダイナミックな実践運動形態を形成できなかった。

 近代化を促進してきた日本のマルクス共産主義は一九八五年プラザ合意によって、役目
が終了した。日本が金融自由化、国際グローバル金融プログラムへと転位したからである。
666によるプログラム起動こそプラザ合意である。その後666はバブルを仕掛け日本
の富を収奪する買収列島を整備していった。

 近代化と民族主義運動を担ってきた日本労働運動も「連合」へと集約された。「連合」
とは労働組合ではなく互助会であり、選挙運動団体である。

 国際金融家がコントーロールするグローバル金融にとって、生身の民族主義は廃絶され
る必要があった。

 ヨーロッパがキリスト教一色に染めあげられとき、ヨーロッパ人は古代からの豊饒な遺
伝子を自己壊滅。豊かな多神教との応答関係を根絶してしまった。ギリシア文明とローマ
文明がヨーロッパの古代ではない。ローマ人から蛮族と名称されていた森の民こそヨーロ
ッパ。ヨーロッパはピラミッドを構築した石積み職人組合「フリーメーソン」によって、
石文明へと転位。

 666がイギリスから全ヨーロッパ、北アメリカに仕掛けた産業革命プログラムによっ
て一挙に近代的工場制度は社会仕様となった。二十世紀とは前半が近代的工場制度の社会
仕様であり、後半が近代的金融制度の社会仕様である。その仕様とはプログラム化された
工程としての工場制度である。二十一世紀はこれがオートメーション化され自動化された
制度へと再編される。

 グローバル金融革命こそが一九八五年プラザ合意からだった。ヨーロッパEC統合と、
「言語・数・貨幣」の「ユーロ」こそ金融革命の象徴。一九八九年マルクス共産主義独裁
政権が崩壊した東欧革命はローマ教皇バチカンの仕掛けであると同時にローマ帝国再興を
かかげた金融革命でもあった。

 おのれが経験したこの世界革命としての時間の異化、人類史推移を「なにがなんだかわ
からずにある日突然、世界は一変してしまった」その構造を動物は迫る必要がある。

 人類とはプログラムの内部でプログラムに囲い込まれた人間である。歴史とは弁証法的
唯「数」による、「偶然は必然へ」「必然は偶然から」というプログラム生成。これは史
的唯「数」データーの現出なのか? まさに事件とはプログラム社会仕様の暗号なのか。
 物象とは弁証法的唯「数」によるデーターの現出なのか。マルクスはどの階級のために
ロンドンの図書館から「資本論」を現出したのか。人間工学テクノロジー・フリーメーソ
ン都市ロンドンから輸出されている「イスラム原理主義」とは……

 宇宙とは数学的世界なのか。宇宙の共通言語とは「数」なのか。時間とは「数」なのか。
宇宙的霊性とは「数」による物象化なのか。宇宙とは根源からの問いを動物に迫る。動物
の考察身体とは、理解不能の全世界に向けて、飯を食べ生存するためにプログラムの外へ
出るしかない。それは叫び声をあげ、母胎身体からこのプログラムの世界に生まれ落ちた
動物の生命本能だ。

 カトリックとプロテスタント宗教戦争の幻滅から誕生したドイツ観念哲学。ヨーロッパ
哲学史を総括し、円環を形成したヘーゲル弁証法。北方ゲルマン民族がローマ帝国を再興
するという民族主義法哲学から国際主義のマルクス登場。「哲学の担い手は賃金奴隷階級
である」「賃金奴隷に国境はない」「国家死滅への戦闘宣言」それはローマ帝国内部から
「沈黙」によって帝国を死滅させた奴隷であったキリスト教徒の反復なのだろうか。

 史的唯「数」論と弁証法的唯「数」論は、国際主義というグローバル金融体制を準備す
るために近代を促進させた。マルクス・エンゲルスによる「共産党宣言」が、実はよりグ
ローバル資本主義を強度化するための宣言であったことも考察される必要がある。経営者
と労働組合の葛藤と闘争はより近代化制度の純度を高めてきた。「資本論」とは国際資本
主義の強度のために現出した。

 たしかに「資本論」によって商品の秘密は解明された。それは同時に、働くものを「労
働力商品」として自覚化させていった。ニヒリズムの誕生だ。

 人間社会工学からのアプローチでした。ダーウィン「進化論」のごとく歴史は進化し発
展する、その近代時間意識をマルクスとエンゲルスは世界賃金奴隷階級に普及させたので
ある。そこで消却されたのは、時間とは多元である構造世界。

「共産党宣言」により賃金奴隷は近代人へと上昇した。「君の上昇は君の落下」マルクス
詩集の格言通り、賃金奴隷はヨーロッパ人のごとく古代にあった多元的時間意識としての
多神教を自己破壊させたのである。地球環境主義から「生産力思想のマルクス主義は限界
である」とする言説もあるが、旧約聖書・新約聖書のプログラムからマルクス主義を再検
討することは必要だ。

 世界には上昇する近代時間意識とは全く別仕様の時間も現有する、それがプログラムで
あり帝国政治権力主体がおのれの帝国を事変として先制攻撃した世界テロ開戦宣言。これ
が911であり世界同時革命に向けたネオコンによる「ハルマゲドン宣言」であった。
 皮肉にも911の映像により「アメリカ帝国主義と世界資本主義の象徴がやられたぞ!」
「ざまあみろ」と歓喜した人々の身体に、プログラムはインストロールされたのである。
これが「おれおれ詐欺」。憎悪心と復讐心の感情こそが扇動プログラムの浸透場所である。
 フリーメーソン都市ロンドンから今日も、憎悪心と復讐心の場所へ「ビンラディン映像」
が輸出される。ハルマゲドン世界戦争に参入せよと……

 その昔、ロンドンから憎悪心と復讐心の場所へ輸出されたのは、マルクス共産主義だっ
た。ロシア革命成功後においては、モスクワから世界に輸出された。現在ロンドンが輸出
しているのは、「ビンラディン」「アルカイダ」……「異化する時間」これがプログラム
かもしれない……プログラムの内部に棲息していた意識がプログラムの外部に飛び出すと
き、プログラムによって造形された現実は変容するのか……六芒星は、上昇▽は天を、下
降△は地を表示するシンボルである。
[PR]
# by gumintou | 2006-09-09 02:35 | 小はん殺し結城純一郎

小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (最終)  【第38回新潮新人賞第1次予選落選】

   エピローグ

 丹下健三が設計した東京都庁ビルの知事室に石原裕太郎はいた。彼は東京都知事だった。

「この都庁は雨漏りがひどくて修繕費に一千億かかりました。総工費1570億円に迫る
額になります。建築設計屋のこけおどしデザインのために、ふざけた話です。雨漏りがし
ない建設をするのが設計者なのに、設計をして施工さえすれば、後は廃墟の野となれ山と
なれが世紀末の建物でした。ハッハッハ」

 石原は自虐的に笑った。石原の話をソファーに座り聞いていた神奈川県知事の松沢成文
は、まったくですと同感しながら頷いた。石原は世間話の次に本題を持ち出した。

「ところで国家生活党大会ですが、東京地検特捜部からの報告によりますと、九段会館か
ら武道館に移ったそうです。国家生活党の私兵軍隊である臣民軍とやらも、靖国通りと駿
河台明大通りの交通をスットプさせ、はでな大会戦をやるらしい。その後、武道館での国
家生活党大会を防衛するとのことです。その数はおよそ一万名。彼らはアメリカ軍を敵に
回し戦争をすると叫んでいるのですから狂気のさたですなぁ。日米関係が崩壊しましては
再び日本に原子爆弾を米軍が投下することは間違いありません。国家生活党に国政を任せ
ておけば日本は再び廃墟となってしまいます。この地球を支配しているのはアングロサク
ソン二重帝国のイギリスと米国ですからな。それにイスラエル原理主義。この三大勢力に
逆らっては生存できません。いまや日本を救うのは地方自治体の役目です。東京都と神奈
川県は日本の首都圏を担っております。いかがですかな、私といたしましては、東京都と
神奈川県で米軍に支援を要請したいのですが。米軍がトマホークでフセインのイラク大統
領府建物をピンポイントで爆撃したように、武道館に爆撃していただければ、一挙に国家
生活党をこの世から消却できるです。このチャンスを逃せば、反米路線の国家生活党はま
すます増長し日本は国際社会から孤立し崩壊へと落下するばかりです。武道館はそろそろ
立て直しの時期に来てもいるし、東京都は崩壊後の新武道館再建を全面的に支援するつも
りです」

 東京都知事石原裕太郎の提案に神奈川県知事松沢成文は同意した。東京都知事と神奈川
県知事による米軍への要請が発動された。横須賀を母港とする米第七艦隊が品川台場から
武道館へトマホークを発射する法律的根拠は国民保護法によると合意された。


「会長がお待ちです」

 密室の謀議ルームに入ってきたのはヘンリー・ポールソン会長の女性秘書だった。竹中
平蔵合衆国統一党総裁は、彼女のあとについていった。案内されたのは六本木ヒルズ最上
階にある殿堂だった。エデンの園を炎上させた天使ガブリエルが人類を刈る巨大な鎌を持
っていた。天使ガブリエルの前にはエデンの園の柱がへし折られ横倒しにされている。そ
の後ろにはサンヘドリンの神殿の柱。柱の上には智恵の書物。それを読んでいるのは選民
を産む聖母。石工が設計に使用するコンパス。ピラミッドの最上階には人類を管理する理
性の眼球運動。それらは殿堂の伽藍だった。殿堂で祈っていたヘンリー・ポールソン会長
がふりむく。竹中平蔵はうやうやしく上半身を腰から曲げ頭を下げた。

「すべてはプログラムのもとで複合的に進行している。君は安心してアンダーグランドに
帰還すればいい。合衆国統一党による九段会館の爆破は中止しなさい。東京湾から合衆国
の戦艦がトマホークで武道館を爆撃することになった」

 ヘンリー・ポールソン会長は重力ある低い音声で告げたのだった。

 時刻は午前四時になった。結城純一郎は一時間ほど、ふざけた怪文書によるアンダーグ
ランド小説を読んでいた。ようやく睡眠へ誘惑する物質が脳回路に回りはじめたことを体
のセンサーは教えている。全身と脳が柔らかくほぐれつつある。小説は午後四時のエクス
タシーをめざし展開してきたが、気分は睡眠への誘惑に勝つことができない。911総選
挙勝利のために少しでも眠らなくてはと結城純一郎はアンダーグランド小説を閉じた。新
橋芸者小はんが闇の漆黒に踊る幻影はすでに消えていた。何ものかに集中すれば幻影は追
い払うことができることを結城純一郎は学んでいた。

「アンダーグランドからの怪文書か、面白い」

 結城純一郎はうとうととしながら思った。来年は怪文書で野党を自壊させてやろうと結
城純一郎にアイデアがひらめく。

「おれは来年の九月で総裁の任期が切れる。政権を死に体にさせないためには、最大野党
を失速させることだ」

 結城純一郎は突然起き上がり、飯田勲首相秘書官の部屋に電話をした。

「いいアイデアが思いついた来年早々から最大野党にアンダーグランドからの怪文書とい
うエサに食いつかせ、自滅させろ。今から工作をしておけ」

 了解しましたという飯田勲首相秘書官の声を聞いてから結城純一郎は電話をきった。そ
してベッドにもぐりこんだ。

「アンダーグランド小説を読むのもたまにはいいもんだ」

 結城純一郎は声も出さず笑いながら、睡眠誘導の底に落下していく。時間の沼に新橋芸
者小はんの着物が漂流している。黒い着物の裏地は紅だった。紅の裏地に白抜きの文字が
見えた。小泉純一郎。小はんが愛した男の名前だった。紅は殺され地に落ちても、その色
は紅より深い血の色だった。
 
  【了】

     四百字換算234枚

【第38回(2006年度)新潮新人賞小説部門応募投稿 第1次予選落選】


2006年3月31日締め切りまで書き応募投稿。
2006年9月7日「新潮10月号」発売、予選結果発表において 
第1次予選落選となりましたので、ネットに公開させていただきました。
題名を「結城純一郎の演説」から「小はん殺し結城純一郎の演説」に改名いたしました。

読んでくださった方々に感謝申し上げます。
次の目標は第1次予選通過です。
小説の道はきびしいですが、書いていくしかないと思っています。 ガンバレ!
[PR]
# by gumintou | 2006-09-09 02:31 | 小はん殺し結城純一郎

第38回新潮新人賞小説部門、予選通過を落選しました

第38回新潮新人賞小説部門、予選通過を落選しました。

本日、「新潮」10月号発売、新人賞の予選通過発表。

本屋さんにかけこむ。新潮10月号を手にとる。
「予選通過発表新人賞」のページをめくる。
作品名、名前なし・・・・トホホ・・・

きびしい・・・・

それにしても暑い晩夏。
はやくこい秋。
夜、つくったおかずは朝なら食べられるんですけんど
2日目の夜は、もう腐っていますだ・・・トホホ・・・
おら、冷蔵庫の電源も切っている貧乏まるだし生活人。

秋になれば2日間は夕食、おなじおかずで食べられる。

まあ、今年もなんとか猛暑をのりきり
今度は厳冬とのたたかいが待っている。

100円紙パックの日本酒飲んだら、小説の構想でもすっぺ。
はらへった。飯、喰わんと・・・
[PR]
# by gumintou | 2006-09-08 00:46 | 批評

【共謀罪】 ブッシュ大統領暗殺を許すな

ブッシュ大統領暗殺の英ドラマ、放映巡り議論

 【ロンドン=本間圭一】英民放テレビ「チャンネル4」が制作したブッシュ米大統領がアラブ系の男に暗殺されるドラマ「大統領の死」について、放映の是非を巡る議論が早くも起きている。

 ドラマは2007年10月、ブッシュ米大統領が企業家の会合で演説後、大規模な反戦デモに直面、混乱の中で銃撃されるという内容。容疑者として浮上するのはシリア出身者で、同テレビの制作責任者は「対テロ戦の影響を吟味する狙い」と強調している。10月9日に放映が予定されている。米国では、ケネディ大統領が暗殺され、レーガン元大統領も暗殺未遂事件に巻き込まれた歴史がある。

(2006年9月2日11時57分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060902i304.htm
f0081226_825309.jpg

[PR]
# by gumintou | 2006-09-07 08:25 | 共謀罪

【共謀罪】 ボーイング社製CALCMに見えるんですが

阿修羅から転載



Re:ボーイング社製CALCMに見えるんですが(苦笑)

http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/788.html


投稿者 World Watcher 日時 2006 年 5 月 17 日 23:13:42:



(回答先: ペンタゴン突入ビデオ公開は巨大な心理作戦である。 投稿者 木村愛二 日時 2006 年 5 月 17 日 22:25:25)







ペンタゴンが公開したあの飛行物体は、ボーイング社製のAGM-86C Conventional Air-Launched Cruise Missile (CALCM) に見えるんですが(苦笑)

http://www.fas.org/nuke/guide/usa/bomber/calcm.htm


詳しくは以下参照(PDF)

http://www.boeing.com/defense-space/missiles/calcm/docs/CALCM_overview.pdf


この米軍が保有する空中発射巡航ミサイル(CALCM)はGPSで誘導された精密ミサイルで超低空を飛行することが可能で尚且つ命中精度が高いことで有名。近年の米軍の空爆では必ず使用されるアメリカ空軍のお気に入りミサイルである(笑)



さて、あの映像が”本物”だとした場合、大型ジェット機を一度も操縦したことがないセスナ乗りのおっさんたちが超低空でペンタゴンに衝突するのは可能なのか?(映像を見る限り超低空で飛行しているのがわかるだろう)

http://asyura2.com/0601/war80/msg/774.html


これで陰謀論が解明されたと日米の商業メディアが宣伝しても現実には”謎はさらに深まった”のだ。残念でした(笑)



9/11トリック【テロ】は起きなかった。から興味深い一説を紹介しよう。

http://homepage.mac.com/ehara_gen1/jealous_gay/muck_raker.html




■転載開始

ペンタゴンへの「ハイジャック機突入」もまた巧妙に情報操作されていた。すでに触れたように、この日アメリカン航空77便は欠航していた。公式記録によれば、ペンタゴンは9時37分(FBIの見解では9時45分)に攻撃を受けたとされている。だが実際にはそれより早い9時30分に「第一撃」を受けていた。その根拠として、「9時30分に爆弾による爆発が起こった」という電信記事があった/ペンタゴンの時計が9時30分を最後に壊れていた/数人のアメリカ人が9時30分という時間を確認していた/「9時32分にペンタゴンから火災と煙が立ち上っているのを見た」( "I saw Fire and Smoke rising up from Pentagon at ca. 9:32am" by Per Stig Møller)というデンマークのペル・スティグ・メラー外務大臣の目撃証言がある。メラー外務大臣はその日ワシントンに滞在していた。彼の証言は翌日の朝デンマーク・ラジオのインタビューに答えたときのもので、彼はこうも話している、「ペンタゴンは爆弾によって爆破されたのではないかと思う、でも誰も信じてくれなかったがね」("I think a Bomb just blew up at the Pentagon - but nobody believed me" by Per Stig Møller)。



当初AP電は「爆弾を積んだトラックがペンタゴンに突っ込んだ」、AFP電は「2度の爆発が起きた」と報じたが、おおむね間違いではない。なぜならペンタゴンは内部に仕掛けた爆弾とともに、米空軍の空中発射巡航ミサイルCALCMhttp://www.boeing.com/defense-space/missiles/calcm/flash.html
によって爆撃されていたのだから(ドイツ国家安全警察のFBI内部情報による)。あらかじめプログラムされた目標物を正確にピンポイント攻撃するこのボーイング社製のミサイルは、慣性航法装置(INS)/全地球測位システム(GPS)誘導によって超低空飛行し、「針の穴をも通す」ほど命中精度がきわめて高いことで知られる。パイロットが操縦可能な1.5Gをはるかに上回る5G~7Gにも達する270度急旋回を行ったあげく、今度は高度100フィートをほぼ巡航速度の時速500マイル(800キロ)のスピードで水平飛行しながら、そのジェット旅客機を高さ77フィート(23メートル)のペンタゴン外壁へ体当たりさせるのは、それこそ「針の穴をも通す」ほど精度を要求される至難の業であり、いくら高度な操縦技術を持ったベテラン・パイロットでもそのようなアクロバット飛行を行うことは不可能。まして大型ジェット旅客機を一度も操縦した経験がない(セスナ172の飛行訓練すらまともにこなせなかった)、フライトシミュレータ訓練を受けただけの「ハイジャック犯」がプロ顔負けの腕前でそつなく成し遂げるというのは、神業にも等しい。



ボーイング757型機の元パイロット、ラルフ・オムフォルトもその困難さを指摘し、ペンタゴンに撃ち込まれたのはミサイルだと主張(Airline Safety Net, "9-11 and the IMPOSSIBLE"http://home.comcast.net/~skydrifter/exp.htm
)。

前述のグラン・プレ元大佐もまた異口同音に、ペンタゴンに突入したのは民間航空機ではなく巡航ミサイルだと答えている(Prison Planet.com, "Transcript: Alex Jones Interviews Col. Donn de Grand-Pre, U.S. Army (ret.): Explosive New 9/11 Revelations and Explanations"http://www.prisonplanet.com/022904degrand.html
)。

そしてマイケル・メイヤーは航空宇宙のメカニカル・エンジニアとして明白にこう言いきる、「私の専門知識から言えることは、ペンタゴンのダメージはボーイング757型機によって引き起こされたものではないということだ」(Scholars for 9-11 Truth, "A Boeing 757 did not hit the Pentagon"http://www.scholarsfor911truth.org/ArticlesMeyer3March2006.html
)。



およそジェット旅客機の突入が成功する確率はゼロに等しく、旅客機をまともに激突させてしまえば自軍に致命的ダメージを与え、その後の戦争計画にも支障をきたしかねない。それゆえ必然的帰結として、巡航ミサイルによるピンポイント攻撃はまっとうな選択だったのである。折しもミサイルを命中させたウェッジ1のエリアは事前に策定しておいた場所で、1998年以来の補強改修工事完了に伴ってほとんど人気のなかったことが奏功し、おかげで致命的なダメージを受けることもなかった。裏を返せば、テロリストが狙う標的としてはもっとも効果のない無難な場所だったと言える。一方ペンタゴンにとってみれば、この期に及んで国防費予算増大というメリットが労少なくして得られたわけである。よくよく考えればわかることだが、いかなるミサイル攻撃もカバーできる世界最強の防空システムを誇る難攻不落の要塞、それもWTCビル爆撃で厳重な警戒体制を敷いていたアメリカの国家中枢ペンタゴンの牙城が、何の反撃もせず“不意打ち”をくらうなどということは万が一にもありえない。すべて監視体制のもとで、「民間航空機の突入」に見せかけるための擬装工作を行っていたのである。



■転載終了


[PR]
# by gumintou | 2006-05-18 07:05 | 共謀罪

共謀罪 強行採決をめざす平沢勝栄 特高警察

阿修羅から転載



【国家権力の工作員 平沢勝栄】 報道資料/松文館事件/平沢勝栄議員の「口利き」釈明  【北の系2005 】

http://www.asyura2.com/0601/senkyo19/msg/1106.html


投稿者 愚民党 日時 2006 年 3 月 02 日 04:08:09:



TOP 【北の系2005 】 http://zirr.hp.infoseek.co.jp/








--------------------------------------------------------------------------------



報道資料/松文館事件/平沢勝栄議員の「口利き」釈明

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020359.html






_ 2004.1.23





口利き通報を弁解する平沢勝栄衆議院議員

「秘書がやった。私は圧力かけていない」

「裁判で有罪になったんだから、私が圧力を

かけたことにはならないよ!」と自己弁護。

(写真は2003年11月選挙当選時の平沢議員)



2004年1月14日、平沢勝栄議員(東京17区/自民党)は、収録されたインターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」の番組「神保・宮台丸激トークオンデマンド」に出演し、松文館わいせつ事件について口利きではないかとの批判があることに触れ、「事務所がやった。私は圧力をかけていない」「裁判で有罪になったんだから、私が圧力をかけたことにはならない」などと釈明しました。



問題となっている発言の情報は議員の地位に関わることですので、正確を期すため、番組中の平沢議員の発言のうち、松文館事件についての平沢議員の発言を無修正で引用し、この事件の問題を考える報道資料としたいと思います。



尚、平澤議員の口利き問題を含め、松文館事件については、番組中、宮台真司氏が判決の問題点を詳しく指摘していますので、是非ご参照ください。視聴は有料で1月全コンテンツ観放題500円+税です。(北の系のオススメ番組です)



  神保「今日は松文館のわいせつ裁判のですね…」



平沢議員「がっはっはっは!」



神保氏「いろいろメディア報道があったんですよ」



平沢議員「はっはっはっはっはっは!」



神保氏「今日は拉致関連でやりましたが…」



平沢議員「松文館のわいせつのやつはね、ちょっと誤解されているんですよ」



神保氏「はい」



平沢議員「なにが誤解されているというとですね、私の方はこういうのがありますよということで警視庁に捜査の参考として連絡しただけなんですよ。別にヤレと言ったわけでもなんでもないんですよ。」



神保氏「はい」



平沢議員「ところが、なんだか知らないれども、私がヤレと言ったと。警察は私がヤレと言ったって捜査なんかできるもんじゃないんですよ、これはね。これは完全に誤解されちゃってね。」



神保氏「ええ」



平沢議員「私のところには全国から“捜査の端緒”となるような情報が山ほどくるわけですよ。その中で精査してこれは連絡した方がいいだろうと思うものについては連絡するわけですよ。中には警察に限らず脱税の話しだとかいろんなのがあるわけです。いろんな情報が山ほど来るわけですよ。



で、私は全部これを見ているわけにはいかないから、その中で私の事務所の者が見て、それでこれは関係当局に連絡した方がいいだろうということで連絡した中に、松文館の例のわいせつの漫画本があったわけですよ。それは私がなんか警察に命令してわいせつでやられたかのようなこと言う人いましてね」



宮台氏「いや、それは難しくてね、僕や神保さんが松文館の本なら本を関係者に送ってなんとかしてくれっていうのは普段からあるわけですよ。そういうことがあって普段から動かないのに、平沢さんがやると動いたというのは確実にありますよ、命令ではいらっしゃらなくたって」



平沢議員「いやでもね、動いたかもしれないけれど、最終的に決めたのは裁判所だからね。裁判所はあくまでも証拠にもとづいてやるわけだから、警察が動いたって実刑にできなかったら笑い者になるだけだから。警察には持ち込んだかもしれないけれども、これは実刑化できるという判断があったから動いたわけですよ。警察は動いて実刑にならなかったら警察としては大恥をかくんですよ。警察はあくまでも実刑にできるものだけを動くわけですから。だからこれは確実に実刑にできるという見通しがあるからやったので、実際にこれは有罪になったわけですけれども、だからやったわけでね。有罪にならなかったら私が批判を受けて、おかしいと言われるのは当然なんですよ、なぜそんなもの持ち込んだんだと、おそらく平沢が動いて警察が動いたんだと、案の定警察が無理に平沢に言われて無理にやったから実刑化できなかったんだろうと。でも裁判では実際に有罪の判決がでているわけだから。全然おかしいことは無いですよ、これは!」



宮台氏「ただこれはかなり複雑な問題があるんですが、そこは議員、また機会を改めて…」



平沢議員「がっはっはっはっは!」



神保氏「メディア問題をこの番組では結構とりあげているもんですから…」



平沢議員「はあメディア問題を、あーそーですか。」



神保氏「言論の自由、報道の自由の規制の問題とね、いろいろやってますから。是非これはまた…」



平沢議員「あーそーですか。是非来て下さい」









データソース



■ビデオニュース・ドットコム

http://www.videonews.com/




───────────



コメント



私の個人的意見ですが、国会議員と警察官は、裁判所の指揮命令のもとで活動しているわけではないのですから、裁判所の判決によって「結果オーライ」になるというような平沢議員の考え方は不適切であると思われます。



裁判の有罪判決/無罪判決の如何によって、捜査の不公平性、恣意性の疑念が払拭されるわけではありません。



警視庁には「わいせつ事犯取締要綱」という特別な内部文書があり、松文館事件も、事実上のわいせつ罪該当性判断の判断基準書となっているこの「わいせつ事犯取締要綱」に照らして捜査が行われることになっている“はず”ですが、残念ながら、「わいせつ事犯取締要綱」は情報公開条例の壁に阻まれ非開示処分となっており、ブラックボックスになっています。



わいせつ判断の具体的な基準となる文書がブラックボックスになっているということは、警察は市民の目の届かない場所でわいせつ罪を適用できるということになります。



だとすれば、警察はわいせつ罪の適用基準を事実上自由に変更することができる「自由裁量権」がある、という見方もできるでしょう。



たとえば、警察OBの政治的発言力の強い議員の口利きを実現するために、「わいせつ事犯取締要綱」を勝手に解釈して運用したり、あるいは「わいせつ事犯取締要綱」それ自体を修正してしまっていたとしても、国民はその事実を指摘して批判することができません。現場の警察官のさじ加減ひとつで事件にしたとしても、その判断の公正性を一般の市民は検証できません。



警察OBである平沢議員の関与による捜査の不公平性の疑念を真に払拭するためには、まずわいせつ罪適用判断基準となっている「わいせつ事犯取締要綱」が一般に公開され、松文館事件の捜査がわいせつ罪適用判断基準に照らして客観的に妥当な判断であると認められる状態があるという前提が必要ですが、そのような前提は警察行政の密室性や情報公開制度の壁の存在によって崩れています。



松文館事件は、裁判所のわいせつ基準の自由裁量権の問題に留まらず、警視庁の密室性や自由裁量権の問題、裁量行政の悪循環や、その悪循環を支えている情報公開制度の不整備といった問題も、浮き彫りにしていると思われます。



※余談ですが、東京都情報公開条例で「わいせつ事犯取締要綱」をほぼ全部非開示とした警視庁の処分は正しいと判断した情報公開条例審査会第3部会の委員には、青少年問題協議会で条例改正の私案を提案した前田雅英東京都立大教授もいます。



裁量行政利権当事者たちが役所の中で結託して自分たちにとって都合のいい制度や前例をつくったり、つくろうとしているという構図は明らかになりつつあると思われます。



関連記事



■ 都情報公開審、猥褻取締要綱の非開示を決定

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020213.html




■ 警視庁の情報公開拒否問題

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020039.html




───────────



宮台真司氏のコメント



1月14日収録「神保・宮台丸激トーク・オン・デマンド」における宮台真司氏の松文館事件一審判決についての主なコメントは、以下の通りです。



私なりに受けとめたまとめなので、実際はもっと詳しく解説されていますし、良い意味でより過激で楽しいです。(笑)

  ・「口利き」か「連絡か」という議論はどうでもいいことである。



・市井の市民による通報では動かない警察が平沢議員の口利きによって動いたという事実は、公平性の原則に反する捜査活動があったことを示している。



・司法判断によって公平性の原則に反する捜査活動の恣意性が緩和されるかは、司法判断の妥当性により左右される。



・松文館事件裁判の判決は、わいせつの観念が変化することを認めた上で、わいせつの観念の変化の如何を最終的に認定するのは司法だと判断。だがこれは解釈権は司法が独占していると言っているのに等しい。



・司法にわいせつに関する解釈権はあるはずがない。



・最終的な解釈権は司法にあるとの今回の判決は、司法の権益を守ったにすぎないと思われる。



・ゾーニングは最終的には出口、販路、売り場の問題。製造者、創作者が司法プロセスによって拘束されることがあってはならない。



・写真ではなく漫画がわいせつ罪の対象となった点については、斉藤環証人などの証言で明らかなように、ある種のお決まり、記号を読解する能力によって評価が変り得る。



・『漫画リテラシーのディバイド』という問題が事件の背景はある。リテラシーのある人は反応しないが、観慣れない人はそのコマだけを見て反応する。



・事件における漫画作品流通に対する批判のすべては、『個人的な嫌悪感』から出発している。だが個人的な嫌悪感はゾーニングで対処できる。



・事件は、わいせつ観の相違より、社会観の相違が社会の背景にあることを露呈させた。近代的な社会観が未熟だという民度の低さが問われている。



・裁判において『青少年への有害性』が指摘されたが、意見書で証明したように、『青少年への有害性』はあり得ないデータに基いている。



たとえば、日本の少女への強姦、拉致監禁、強制わいせつは、アメリカと比べると1/15、1/20、1/30っていうオーダーであり、韓国と比べても1/5ぐらいのオーダー。



・1980年から90年までの10年間に、成年コミック販売数は3倍に増えたが、その間、少年の犯した凶悪な性犯罪、強姦と強制わいせつは半分に減っている。



・92-93年に男子高校生の3年生の7割がアダルトビデオ視聴経験を持つが、この7年間の間にも凶悪な性犯罪は2/3に減っている。



・「オレの見たくないモノは他人も見たくないと思うべきだ」というメンタリティは、『違いが許せない』共同体的なメンタリティそのものである。







 



───────────



関連法令 国会法第百二十四条の二



議員は、各議院の議決により定める政治倫理綱領及びこれに則り各議院の議決により定める行為規範を遵守しなければならない。







  政治倫理綱領(衆議院制定)



前文 政治倫理の確立は、議会政治の根幹である。われわれは、主権者たる国民から国政に関する権能を信託された代表であることを自覚し、政治家の良心と責任感をもつて政治活動を行い、いやしくも国民の信頼にもとることがないよう努めなければならない。



第一条 議員は、職務に関して廉潔を保持し、いやしくも公正を疑わせるような行為をしてはならない。







  警察職員の職務倫理及び服務に関する規則



第二条



 警察職員は、警察の任務が国民から負託されたものであることを自覚し、国民の信頼にこたえることができるよう、高い倫理観の涵養に努め、職務倫理を保持しなければならない。



2 前項の職務倫理の基本は、次に掲げる事項とする。

二 人権を尊重し、公正かつ親切に職務を執行すること。







 



───────────



一審判決



・松文館わいせつ事件一審判決(全文)

裁判長裁判官中谷雄二郎、裁判官横山泰造、裁判官中村光一

http://picnic.to/~ami/news/etc/040122hanketsu.txt




───────────



参考リンク



■平沢勝栄衆議院議員

http://www.hirasawa.net/


TV・ラジオ発言集バックナンバー

http://www.hirasawa.net/tvback.html




web版平沢勝栄チャンネル(葛飾ケーブルネットワーク)

http://hirasawa.io-art.com/index2.html




■松文館裁判

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/9018/shoubun-index.html




■松文館裁判傍聴録

http://www87.sakura.ne.jp/%7Ecou/matu.htm




■松文館(アダルトページ)

http://www.shobunkan.com/


・「わいせつコミック」裁判―松文館事件の全貌 (道出版/著者:長岡善幸)

※この図書は成年向け図書ではありません。

http://www.shobunkan.com/michi/4-86086-011-X.html




■メールマガジン 「PUBLICITY」(パブリシティー)

829:「このような漫画本を許容する社会通念は形成されていない」松文館裁判、地裁が有罪判決

http://www.emaga.com/bn/?2004010031099629009323.7777




───────────



関連記事



■ 報道資料/松文館事件一審「冤罪」判決

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020357.html








--------------------------------------------------------------------------------



http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020359.html


[PR]
# by gumintou | 2006-05-17 09:52 | 共謀罪

【共謀罪】 国会へ行くための周辺地図

f0081226_537772.jpg




f0081226_5382369.gif


--------------------------------------------------------------------------------


衆議院 The House of Representatives
郵便番号
100-0014
東京都千代田区永田町一丁目7番1号
電話番号 (代表)03-3581-5111

最寄り駅
東京メトロ 丸ノ内線 千代田線 国会議事堂前駅
有楽町線 半蔵門線 南北線 永田町駅

http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
[PR]
# by gumintou | 2006-05-10 05:39 | 共謀罪

【共謀罪】 ブログを提供しているIT会社の皆さまへ

コンピュータは電子計算機
f0081226_5521189.jpg

[PR]
# by gumintou | 2006-05-09 05:52 | 共謀罪


混沌から


by gumintou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あなたもおらも猫の手をかりてブログ、懸賞小説にどんどん応募するべよ。賞をねらって賞金かせぐべよ。小説運動、小説主体、ネタはあなたの生活にあります。自分の実生活から小説応募にアタック!

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧